ゲーム インタビュー 多数掲載!

 

スポンサーリンク

スポンサー広告




ゲーム インタビュー取り揃えてます。

セマフォの屋根裏部屋では、
管理人のSemaphoが自ら交渉、インタビュー、ライティングを行い、
掲載している熱いゲーム制作チームの記事が多数あります。

2017年5月~10月現在までに、
15本のゲーム制作チームへのインタビューを掲載中です。

また、e-Sportsの選手へのインタビューも、
三本掲載しており、大人気の記事となっています。

 

■ゲームインタビュー 一覧

・Deceit

・Portal Knights

・Dead by Daylight

・Dead Age

・The Forest

・Viva Seifert (HER STORY主演)

・Wayward

・Factorio

・Survive the Nights

・SCUM

・Blue Horizon

・YONDER

・Just Us

・Post War Dreams

・Home Sweet Home

・FAN KICKS(シューズ販売)

・2mello(サウンドデザイナー)

 

■e-sports インタビュー

現在、PUBGPARK TiMESという、
OPENRECにおけるPUBGの大会に出場している選手へ
インタビューを行っています。

・Bob Sapp Aim選手

・CrySheep選手

・かぐしぃ選手

 

■特集記事

 

Movie♡Gamer 相互リンク記事

Movie♡Gamerさんはこちら

もっと!ゲームの話がしたい①

 

■ OPENREC 関連情報 なら当サイトオリジナル記事へ

OPENREC まとめ アイコン

OPENREC 関連まとめへ

 

当サイトのこだわりについて

セマフォの屋根裏部屋は、
『ゲームが好き』というゲーマーなら誰しもが持っている、
情熱を文章や記事で表現しています。

なぜ、インタビューなのか?

ゲームの面白さを伝える、というのは、
僕にとっては一つ間違えれば誤解を招く言葉なのです。
なぜなら、そもそも作り手側は『面白い』と思って制作しています。

それに対して「面白さを伝える」という言葉を以て、
情報を伝えるならば、その言葉の重みに負けないほどに
ゲームへの情熱や強いメッセージが必要だと思っています。

インタビューは制作チームの情熱をプレイヤーに届ける手法です。

昨今、動画配信者とプレイヤーの数の差が急激に縮まり、
誰しもがゲームプレイを他のプレイヤーに見せることが出来るようになりました。

ですが、その弊害として、
ゲームそのものよりも動画の再生数や
チャンネル登録の数が先行して、数字が注目された結果、
数字稼ぎのために過激なバッシングを行う配信者をこれまでに見てきました。

当サイトがそれを変化させるのではなく、
『じゃあ、ゲームの改善点ってどこなんだろう?』
『制作チームに要望出してみるか』
『フォーラムに意見出しておこう』

という、きっかけ作りのために、
このセマフォの屋根裏部屋を運営しています。

元大手ゲーム制作チーム所属のライターによる、
情熱の篭った記事をお楽しみくださいませ。

またお仕事の依頼や相談は、
こちらのページにあるメッセージフォームから送信くださいませ。

Semaphoの Twitter はこちら

スポンサーリンク

スポンサー広告