ARK 航海 洞窟 探検 などの楽しみを紹介

 

記事の大幅な編集を行いました(2017/8/15)

 

こんばんはセマフォです!

この記事は公開当初、OPENRECの動画の『冒険記』という企画と合わせて、
航海や冒険についての楽しみを記述しているものでした。

しかし、Ark Survival EvolvedのPS4日本語がリリースされるということで、
改めて航海などの冒険の楽しみを紹介できれば、と思い、
記事の大幅な編集を行いました。

おおよそのテーマは元の記事とは変わらず、
記事の構成などをブラッシュアップしたものです。

 

ARK 航海 洞窟 探検 について

 

航海の基礎知識

 

Ark Survival Evolvedではオープンワールドを舞台に
様々な地形や環境、天候がプレイヤーたちを楽しませてくれます。

その一つとして海、というものがあります。
海は泳いでも移動できますが、
沖に出るとメガロドンなど危険な生物がうようよいるので、
イカダを作って航海に出ることをおすすめします。

イカダは割と序盤でエングラム解放できますし、
皮もなかなか必要とはなるもののそこまで厳しい数字ではないです。
皮を集めるおすすめの方法としては、
パラサウロロフスを倒して皮を剥ぐことですかね。

または、フィオミアを追い詰めて狩ってもそこそこ皮を入手できます。

また、航海に出た先では
気候がガラッと変わることがあります。

特に北側の地域では非常に気温が低いため、
イカダを拠点や船のように仕上げて、
暖炉を設置すると一気に快適な空間になるでしょう。

暖炉は燃焼効率なども良いですし、
その横にストレージを設置して発火粉を大量ストックしておけば、
長旅も安心の空調設備となるでしょう。

発電機を設置する場合もありますが、
エングラム的には後半の話になるので、
まずは暖炉、という選択肢も良いでしょう。

 

洞窟の基礎知識

洞窟は各ワールドにいくつか存在します。

個人的な意見としては、
洞窟を発見し、探索を始めてから、
Ark Survival Evolvedの探検は
本番を迎えると言っても過言ではないくらいに、
一気に探検モードになるのです。

まるでRPGの世界に迷い込んだかのように、
ひんやりと寒い洞窟の中は、
大型のクモや蛇などが存在し、
その洞窟を探索する前のアイテムや装備の準備が非常に面白いのです。

遠足や旅行の準備が楽しい、ということに非常に似ています。

洞窟探索においての必需品は、
食糧と暖かい装備そして『スティムベリー』か『興奮剤』を
アイテムスロットにセットしてから行くと良いでしょう。

理由としては、
洞窟のなかにいる蛇やクモの毒は、
攻撃を与えられると気絶してしまい、
そうなると高い確率で死亡してしまうからです。

そうならないために、いつでも気絶値を下げられる、
スティムベリーか興奮剤をセットしておくことが重要です。

これはトロオドン対策にも使える手段なので、
スティムベリーを「水分失う厄介者」として処分するのではなく、
いくつか所持しておくとよいでしょう。

ARK 探検 は楽しい

 

このようにArk Survival Evolvedの探検は
準備も非常に楽しいですし、探検しながら、
どこにどんな脅威があるのか想像しながら、
その場においてはRPGの主人公になった気分でプレイすることもできます。

Ark Survival EvolvedのPS4日本語版発売後、
ARK熱が国内でさらに盛り上がることを期待しています。

 

ではでは。

セマフォのTwitterはこちら

 

その他おすすめ記事はこちら