Portal Knights とは

こんばんは!セマフォです。

 

スポンサー広告

追記(2017/8/13)

セマフォの屋根裏部屋では、
Portal Knightsの制作チームに独自にインタビューを行いました。

当時コンソール版発売前でしたので、
多くの貴重な情報を聞くことができました。

また、ゲームクリエイターとしての
こだわりや制作秘話なども聞くことができ、
非常に面白い内容のインタビューになりました。

 

 

Portal KnightsのPS4版の発売日が
ヨーロッパで2017年の4月28日、
北米版では5月2日である、
という記事を以前にアップしました!
どうやら、日本国内であの情報をいち早くアップしたのは、
この屋根裏部屋だったみたいで、
かなりアクセスを頂いております。

 

ありがとうございます!!

 

そこで、今回も色々と情報の発信と考察を行っています。

まず、改めてPortal Knightsとは・・・

 

僕がこれまでにトレイラーやプレイヤーの動画を見て得た情報では、
マイクラのようなサンドボックスにアクション要素とRPG要素が詰まった、
痒い所に手が届くクラフトゲームだな、という印象です。

具体的に言うと、
サンドボックスならではの、
一ブロック、一ブロック建築する際に積み上げたり、
色々なアイテムをクラフトするシステム。

そして、そこにRPGならではの、
職業(ジョブ、クラスのような位置づけ)があり、
装備も、
頭、胴体、武器、足、背、リング(アクセサリー)

と言った充実のカスタマイズ!!

これはまさにクラフト、アクションRPGを合わせた良いゲーム!!

 

実際にPC版を販売しているsteamでも、
常にかなり高順位に入るほどに人気のゲームです。

 

今回は少し素材について触れてみたいと思います。

 

クラフト系ゲームの定番、

「木」についてですが、

ちゃんと木のオブジェクトがあり、
それをプレイヤーの持っている剣や武器などで叩くと、
数発で壊すことができ、
そこから素材を手に入れることができます。

(恐らく木にも数種類ある?)

 

また、その他にもモンスターを倒すことで入手できるものや、
クエストで入手するものもあります。
そういうことから、
当初僕が思っていたよりも、
ポータルナイツはクラフトをたっぷり遊べるゲームなのだと分かりました。

(本当に発売日が待ち遠しいw)

 

そして、ゲームの目的はクエストなどを達成しながら、
ポータルを使って次のマップへ移動、
そしてまた攻略していく、という感じです。

その途中に行ったマップには後から戻れる仕様?

なので、途中に建築しても良い、ということですね。

 

ところでグラフィックに関しては、
マインクラフトよりも、
ポップな描写かつ、オブジェクトが非常に分かりやすいと思います。
イメージとしては聖剣伝説LOMよりももっと、
ざっくりした描写ですが、
あのようなポップさはあると思います。

 

アクションRPG要素がある中、
味方のために拠点建てたりしてみたいですねーw

 

ということで、
改めて紹介しましたが・・・

 

ポータルナイツは北米版と欧州版が現在発売日が発表されています。

 

ではでは・・・・

 

セマフォのTwitterはこちら

 

その他のおすすめ記事はこちら