OPENREC 収益化 について

 

【NEWS】

OPENRECで行われているPUBGのイベント(大会)
『PUBGPARK』優勝者が続々とプロデビュー!

PUBGPARK優勝者へのインタビューを掲載しています。

・BobSappAim選手へのインタビュー
・CrySheep選手へのインタビュー
・かぐしぃ選手へのインタビュー

 

スポンサー広告

OPENREC 収益化

こんにちはセマフォです。

ゲーム情報を取り扱っていますが、僕自身が配信を行っていることもあり、
配信情報も多く発信しています。

 

 

今回のテーマは

OPENREC 収益化 についてです。

 

先日、OPENREC の運営側から

OPENREC Creators Program というものがアナウンスされました。

そして、そのティーザーサイトが

こちら。

このティーザーサイトの内容をお伝えすると、

1、 OPENREC Creators Program に参加すると
同サービス内でのライブ配信動画投稿を収益化できるようになる。

2、収益形態は 広告収益 と エール収益 の2つが発表されている。

3、それらで上げた収益は参加した配信者で 分配 される。

 

僕は今回のアナウンスは上記の3つの内容に分類されると思われます。

そして、これからその内容の詳細と過去の配信サービスの情報を交えて、
紹介していきたいと思います。

しかし、現段階では公開された情報はごくわずかです。

そのため、これまでの配信サービスの流れなどを踏まえた
僕自身の個人の予想や感想が入ります。

その都度、これは個人の……と記載するように心がけます。
もし、記載されていなくても判断できるような
文章を構成していくつもりです。

 

※追記

OPENREC  クリエイターズ プログラム の詳細が発表されました。
それに伴い私セマフォもプログラムに申し込みました。
その情報はこちらから。

 

まずはアナウンス内容の1つ目、

OPENREC Creators Program に参加すると 収益化できる、
という点についてお話ししていきましょう。

これはお分かりの通り、
参加する、つまりこのプログラムに参加できるという意味ですので、
誰しもがいきなり OPENREC 収入 よっしゃ!となるわけではなさそうです。

僕の予想では
人数制限、もしくは運営が相応しい、と認めた配信者にのみ与えられる、
ある種のライセンスのようなものだということです。
もちろん、これはあくまで僕の予想ですw

まずはYoutubeの収益化について比べてみましょう。

今や当たり前となったYoutubeでアドセンスを用いた
動画広告が流れることによって入る収入。

これはご存知の方も多いでしょうけれど、
再生回数一回についての収入がバラつきがあるようです。

よくこれを、単価 と言っているのを見かけます。

単価が高くなった! 単価が安くなった!

それは大手配信になると単価が上がると言われていますが、
僕の勝手な、というか僕の中の常識では、
収益化に参加している配信者が多ければ多いほど、単価は下がります。

なぜなら、広告を出している側は、
予算を決めてYoutube側に広告を流してもらっていると考えられるからです。

つまり、必ずしも大手だから広告収入がアップする!
と考えるとガッカリする可能性がありますね。

なので、大手配信には特別な広告が用意されている、
という話はよく聞きます。

恐らくそういった広告の単価はかなり高いでしょう。

では、ここで OPENREC 収益化 に話を戻します。

つまり最初に記載した、
OPENREC Creators Program は配信者で収益を分配しますよ。

という内容は、僕の意見としては、
実はYoutubeで収益化している人たち同じく分配している
ということです。

アドセンスがどうか分かりませんが、
広告というのは
一回の再生、表示、クリックにつき、支払う金額を決められることがあります。

(恐らくアドセンスもそうだと思われますが企業の案件まではw)

なので、元から総額は大体決まっています。
それらをこれまでのデータから予算を組んで、
広告を依頼するのが最も考えられることですね。

もちろん、その広告は企業も途中で継続させたり、
中断したり、ということも十分考えられます。

 

※もちろん広告を出す側は出費よりも収益が見込める場合がほとんどなので、
継続してある程度に広告費を支払うことが可能だったり
配信者が増加しても単価が安定していることもなくはないでしょう。

でも僕ならまず参加者を限定するでしょうw

 

ここまでのまとめを短く。

・OPENRECの収益化について 人数制限 か 何かしら審査がある(セマフォ予想)

・収益を「分配」とあるがこれはYoutubeも同じ捉え方ができる

ただし、この後記載する『エール収益』については
少し異なる考え方が必要かも知れません。

 

Youtubeのことを記載したので、
ニコ生のことも記載しないと非常に勿体ないので、
そちらも考え方を記述させて頂きます。

ニコ生、ニコ動についても

『クリエイター奨励プログラム』があります。

これは僕は基本的にYoutubeと考え方は同じですが、
OPENRECに通ずるところがたくさんあります。

というのもOPENREC 運営 CyberZ は元々ニコ生、ニコ動とも関係性があり

しかも広告測定のプロフェッショナルなので、
国内のゲームトレンドや広告などの流れについてはお見通しでしょう。

おっと、話が逸れましたが、
奨励プログラムと似ている点は名前だけではありませんw

さあ、ここからは冒頭の項目2、に入ります。

まず、ポイント表記にしたという点。

OPENREC Creators Programも

エール収益において、リスナーが有償アイテムを
配信者に与えることによってポイントが与えられます。

恐らく、リスナー側は銀行振り込みなどで、
事前にそれぞれポイントによって値段が違うアイテムを購入し、
渡したい配信者にアイテムを使う、というのが最もシンプルです。

つまり項目1、と合わせて考えると、

広告収益とエール収益の二つの収益形態があり、
それらを合わせたものが、プログラム参加者の 収入 となることが予想されます。
(重ねて言いますが現段階での僕の勝手な予想です)

ここで、さらに僕の予想。
エール収益による収入と広告収益による収入。

より多く配信者の手元に入るのはどっちでしょう?
と考えた時、僕はもちろんエール収益が多く手元に入ることを予想します。

仮に、広告収益もポイントとして計算されると考えると……

配信者Aが広告収益で500ポイント、

配信者Bがエール収益で500ポイント

その他に配信者C、D、が何らかの方法で200ポイント

それぞれ入手したとしましょう。
入手という考え方がシステムに適合しているかどうかは分かりませんが、
ここではそう考えます。

じゃあ、分配しましょう!ってなった時、
エール収益上げた配信者Bは綺麗に四分割されてしまうでしょうか?

また、広告収益をあげた配信者Aも、
コツコツとアップして入手したポイントを、
あまり広告が流れていない配信者と等分、とはならないでしょう。

つまり、僕はいくつかの分配基準があると思っています。

まずは

「広告表示回数による取り分」

「チャンネル規模による取り分」

「その他ライブ頻度や活動頻度によるもの」

が考えられますが、

僕は何よりも可能性として感じているのが、

エール収益は広告収益とポイントを混ぜて考えるのではなくて、

エール収益は運営の事務手数料などを差し引いた
70%~80ほどが実収入となるという考え方です。

これはあくまでセマフォの勝手な予想です。

そうですね、ここは
ニコ動のクリエイター奨励プログラム並びに、
Youtubeのスーパーチャットとも同じ考え方ですね。

どちらも手数料など引かれて、配信者にわたります。

さらに、Youtubeのスーパーチャットと、
OPENRECの エール収益 の類似点があります。

それは、リスナーがエールアイテムを使用すると、
コメントが目立つ場所に表示されるようになる、という点です。

また、実は以下の点は
僕が以前運営に要望を出したのが通ったのかな?
と勝手に期待してしまう点なのですが、

まず、エールアイテムを送ったリスナーは
その配信者の「サポーター」となります。

これは任意なのか、そういう仕組みなのかは分かりません。

とにかく『サポーター』というものが実装されます。

そしてここからが僕が以前要望に出したところ。

リスナーにランキングが設けられます。

追記6/1

正しくはサポーターがエールを送ったポイントなどによって
配信者のランキングが決まるそうです。

サポーターランキングという名称でごっちゃになってました。

これだけ聞くと、あんたなんてことリクエストしたんだ!
と言われかねないのですがw

僕はまさか OPENREC 収益化 に伴いランキングが実装されるとは、
当初全く思わなかったんですw

つまり、僕は違う形でランキングの要望を出しました。
どういう要望なのか、というと。

僕はOPENRECのTOPページに、
個人のデータや情報をもっと反映して欲しいとリクエストを出したんです。

というのも、
TwitchもOPENRECもTOPページが
あまり機能していないように僕は感じたんです。

ほとんどの箇所が全員同じ表示だと思われます。

そうじゃなくて、僕はユーザーがそれぞれ登録したチャンネルの、
更新された動画を表示させて欲しいという要望の中で

現在、チャンネルをフォローする意味があまりない、
ということをお伝えしたのです。

現在はライブ通知などが実装されたのですが、
当時はなかったんですw

その上、ライブのアーカイブは会員登録しておけば、
チャンネルのフォロワーじゃなくても
同じ楽しみ方ができるし、フォローしても特典がないように、
当時は感じていたんです。

(今も僕は編集動画メインなのでフォロワーさんにメリットは……)

なので、単なるスカウターみたいに、
フォロー、フォロワーが計算されていくので、
それならば、

・フォロワー限定動画を設定する機能が欲しい

・リスナーは登録したチャンネル数やコメント数によって
ランキングを任意で表示できるようになればフォローする楽しみが増えるんじゃないか?

という要望を出したところ、

まさか収益化による、サポーターランキングになるとは!!w

 

話がめっちゃくちゃ逸れてすみません。

でも、実はこれってかなり今後に運営に関して、
OPENREC.tvもその配信者もかなり変化が出てくる可能性があるんです。

ここからまた僕の予想。

恐らくOPENREC運営側はサポーターという言葉を敢えて使うところから察するに、
もっとゲーム配信をスポーツやエンターテインメントとしての成り立ちにしたいのではないかと考えられるんです。

あくまで、僕の勝手な考えですw

でも、それはなぜか?というと、

OPENRECはe-sportsに関して相当力を入れています。

ストリートファイター5 や格ゲーなど の TOPANGA を公式放送

VAIN GLORY の公式放送

WINNING ELEVEN の公式放送

など、どのゲームもルールがシンプル、または既に浸透しているもの、
またはかなりエンターテインメント性が強いものに力を入れています。

または FPS Streamers というプロゲーマーで作った集団。

などなど、チームや個人を応援するのは、
リスナーのみんなですよ!好きな配信者のサポーターになろう!

ということを運営は働きかけていると予想しています。

言うなれば、これは

Jリーグのクラブチームとその運営のJFAのような関係性に似ています。

クラブチームはサポーターが付くように、
そして応援してもらえるように試合に対して勝利を目指します。

JFAはその試合が上手くいくように、
またはJリーグが盛り上がるように色々な手を尽くします。

そして、なにかのきっかけで試合や選手を見た方は、
好きになればサポーターになれるということですし、

自分がサポートしているチームが活躍すれば嬉しい。

という感じで様々なスポーツはエンターテインメントとして成立しています。

もちろん、もっとたくさんの事情が関係することは言うまでもないですが。

 

OPENREC に話を戻すと、
クリエイターは良い配信を行いサポーターを増やし、

運営はその働きかけや体制づくりをするということだと思います。

 

実はこれって、国内のゲーム配信サービスで
こういうエンターテインメント取り組みをやっているところ、
あまりない……というか、まさにe-sportsを意識したものって、
ぶっちゃけないんじゃないかな。

しかも、広告やマーケティングのプロなので、
e-Sportsを日本国内のメディアや文化にアジャストして発信するということは、
ものすごく考えているだろうし。

実際に外国の友人から聞いたけど
カウンターストライクのe-Sportsの番組は毎週金曜日の夜に放送されているらしい。

金曜日の夜ってことはとんでもないことですよね。

 

つまり、ランキングを設けることで、
リスナーはサポーターとして好きな配信者を応援する、
というプライベート空間でのエンターテインメントを得られるきっかけになるのでしょうか?

むむむ。ぶっちゃけまだ分からない。

 

さて、最後に項目3について話をします。

 

実際、先述した内容でかなり僕の考え方は伝えられた気はするのですが、
収益を分配というところがポイントですね。

これに関してはやはり、チャンネル規模、
広告再生数や様々な影響で分配される比率や、
絶対数は変わってくるでしょう。

実際に広告の最低単価さえ運営側で設定し、
広告再生数をレベルとして基準を作れば、
運営から明らかな支払いボーダーラインを金額で見ることが出来ますし。

ちなみにこれも僕の勝手な妄想です。

しかし、例えば

広告が一回再生されるたびにポイントが1加算されるとして、

配信者Aがその決められた期間に100ポイント入手。

配信者Bが同じ期間内に99ポイント入手。

この場合に、
100ポイント以上入手した配信者には10円支払います。
100ポイント未満の配信者には5円支払います。

と設定し100ポイントよりも上のレベルでも同様に

ある一定数以上のポイントによってレベルを分け、
レベルに応じた最低支払額を設定しておけば、

僕なら管理しやすくて楽だろうな、って思います。

なぜなら、現金だと面倒じゃないですかw

今後も変化していく消費税を考慮したり
あれこれ理由をつけて広告収入に対しての手数料をとって、
配信者への支払い額と運営費を確保というより、

よっぽど、最低支払額+チャンネル規模等による+αを考えた方が、
その後の広告費の変動にも対応しやすい。

配信者にもリスナーにも実際に動いている金額は見えないから、
「なんらかの基準で」支払額が決まっている、という
共通のルールと意識が持てるようになるでしょう。

 

もちろんすべて僕の妄想ですが、
なぜそう考えたか、というと……

 

OPENRECは 配信者になるために運営の審査を受けることになります。
つまり、審査に通らないと OPENREC クリエイター にはなれません。

また、公式配信主という赤いマークが付いたクリエイターも、
公式の何らかの基準を満たした人が認められます。

恐らく、OPENREC Creators Program も人数が限定されることが予想されます。
なので、つまりそこも公式の『何らかのデータが基準』となり、
プログラム参加者が決まるのではないでしょうか?

 

つまり、現在OPENRECで配信する権利を得ていない人が、
OPENREC Creators Program で収益化するためには、
まず、OPENREC 配信者になる希望を出して、
その審査を通過したあと、
上記プログラムに参加する必要があります。

 


 

ここから追記(5/29)

何らかのデータを基準にという説明に捕捉をすると
これまで審査や選考基準はずっと周知されずに運営されています。
これはある種「知らされていない平等」だと考えられます。
僕はYoutubeの好きなところ、苦手なところがあるのですが、

苦手なところは お金 の基準がある程度出回っていて、
再生数やチャンネル登録者とお金が結びつきやすい点です。
そのため、よく必死で登録者稼ぎをして嫌われている人を見かけます。

つまり、基準が分からない環境で配信者が配信を行うことは、
ある種、運営がルールを決めやすく、施行しやすいのです。

おまけに、配信者の数は限定されているので、
運営側で飽和状態にならないようにすることは簡単です。
募集をかけない、受付しない。それで済みます。

Youtubeや昔からの配信サービスは
広告に対してオープン過ぎる点があると感じます。
現在の配信サービスの広告単価はどうでしょうか?

OPENRECの顧客はあくまで配信サービス利用者なのではないでしょうか。


 

どうでしたか?

 

僕の想像ばかりでしたが、
基本的な情報はティザーサイトにしか掲載されていないので、
それを見てしまえば終わる話なのですが、
こうやって配信サービスとエンターテインメントとか、
人間の心の動き、流行とかを考えると、
実は楽しいことが多いでしょう。

 

え?僕はOPENREC Creators Program に参加するのかって?

 

それは先日の記事に載っていますので、
どうぞご覧くださいませ。

先日の OPENREC 収益化に関する記事

 

ちなみに僕は小さいチャンネルですが、
コツコツと編集動画アップしています。

応援してくれたら嬉しいです。

フォローやコメント待ってますね。

 

OPENREC チャンネルリンク

 

それではまた。

 

セマフォ