こんにちはセマフォです。

また、 OPENREC 配信者 としては

路地裏Semaphoと言う名前で活動しています。

 

さて、今回のテーマは……

 

OPENREC 配信者 路地裏Semapho 自己紹介

 

ということで、記事を書いてまいります。

 

まず、読み方は路地裏Semapho(ろじうら・せまふぉ)と言います。

これは苗字、名前という感じではなくて、
屋号とその店主みたいな捉え方をしてもらえると嬉しいです。

元々、僕はYoutubeでSemaphoTVというチャンネル名で活動していました。
それはたったの数か月ですがw

そこから、僕はTwitchに移行したあとに、
現在、OPENRECにたどり着きました。

 

なぜ、YoutubeからOPENRECへ移行したのか、というと
配信者同士の再生数やチャンネル登録者などの『数字稼ぎ』や
マネタイズを通り越した、少し行き過ぎた配信者がいて、
僕は完全にモチベーションを無くしたからです。

 

なので、僕は現在OPENRECで、
本当に自分のやりたいことや配信したいものを
コツコツと制作しています。

OPENRECはYoutubeほどにコミュニティが目立っていませんし、
リスナーや配信者の区別がはっきりしているため、
どんな人に向けた動画(どういう人が楽しめる動画)なのか?
どういう面白さを理解して欲しいのか?

などということをこだわって
日々、アイディアと反省を生かして

「自分のペースで」楽しく動画投稿をしています。

 

そんなことから、僕は完全にメインストリームから置いていかれていますが、
皆がみんな大手配信者に馴染めるとは思っていません。

僕のような表通りから外れた寂れた路地ので、
コツコツとこだわりもってやっているお店に
息抜きに来てくれたら僕はそれでいいんです。

なので、僕はOPENRECのチャンネル名を

路地裏 Semapho にしました。

 

 

ただ、僕は去年の12月からこのウェブサイトを運営しています。
なので、OPENRECの配信者として活動する二か月くらい前でしょうか。

なので、僕は配信者としてこのサイトを運営している、
という感覚は実はありません。

というよりも、配信者という肩書
他の好きなことをすることに邪魔になるのなら
僕は配信者と呼ばれなくて全然問題ないと思っています。

僕は元々大学で情報メディアを専攻していました。

なので、自分で情報を集めそこから
さまざまなことを分析するのが好きですし、
理解を得られると、嬉しくて最高だと思いました。

また、小説や音楽が好きなので、
在学中から小説を買いあさり、
またはバンド活動などもしていたことから、

文章を書くのが好き。

あらゆる楽器を弾くのが好き。

 

そのため、このサイトのように情報を伝えるための記事を書きたい!と思いました。
これは社会的な貢献!とかゲーマーの方へ役立ちたい!というよりも

単なる個人的な趣味である、ということがほとんどです。

 

同様に僕は自分の編集動画に自分で作ったBGMを使用しています。

 

OPENREC 配信者 Semapho

 

上の画像はファイナルファンタジー15の映像を基に作った
タイムラプス風の動画です。

なので、僕は音楽の素材も自分で作ることが趣味、とも言えます。

 

そして、僕はこのサイトで

Dead by Daylightの制作ディレクターへ独自にインタビューを行ったり、
Portal Knightsの制作ディレクター、Deceit 、Dead Age も制作にもインタビューをしました。

 

正直、ゲーム配信者でインタビューをしている人は少ないと思います。
少なくとも僕はまだそういう方を知りません。

では配信者がやらないことをなぜやるのか?というと、

 

上述した通り、僕は配信者というものにこだわっていないからです。
ただ、配信もしているから「配信者」と名乗ったり
または僕はBGMを作るので「音楽家」と名乗ったり
インタビューをするから「インタビュアー」なのだと思います。

 

もちろん配信者、というものを軽んじていることは全くないです。

ですが、僕は配信者とはゲーム動画配信者のことだけを言うのだろうか?
という疑問も持っています。

僕は素晴らしいゲームのスクリーンショットだって、
僕にとって気分を高める画像を配信してくれているし、
僕がインタビューの情報をアップしていることも、
ある意味ではゲーム配信だと思っています。

 

これらのことを一つの言葉で言うと、

 

広い世界を見たい、という想いに尽きます。

 

これは、小説家・金城一紀先生の作品『GO』

 

を読んだ学生時代から常に心掛けていることです。

 

つまり、配信者は「こうである」とか「こうしなくては」

配信とは「ゲームのライブ配信だ」とかではないと思っています。

あくまでもこれは僕の中での完全な趣味による見解ですので、
そう思っている人が間違い、ということではありません。

 

なので、僕は様々な楽しみを、やりたい!
と思ったらなんでもやろうと思っています。

 

上手くいかなかったら、
次はもっと上手くいくように改善したりすることが楽しいのです。

 

独自取材については、
僕は他のサイトから転載することは失礼だと思っているので、
そういうことをしないと決めています。
その上で当サイトのような規模で、
信頼できる情報をお届けするには開発者にインタビューすることが、
最も信頼できると思い、それを実践しています。

もちろん、海外の情報または制作のコメント動画などを
いち早く日本語ローカライズしてお届けすることは大事ですし、
そういうキュレーターの方々も良いと思います。

しかし、僕がわざわざそれを競合してやるより、
僕の目線から、または体験、経験を話した方が満足してもらえそうだな、
と思いそれらを記事に起こしてます。

 

もし僕を応援してくれる方がいましたら、
TwitterやOPENRECアカウントをフォローして頂けると嬉しいです。

 

よろしくお願いします。

 

セマフォTwitterのリンク

 

OPENREC 路地裏Semapho