7 Days to Die 建築以外の遊び方提案

 

記事の大幅な編集を行いました(2017/8/24)

こんにちはセマフォです。

この記事は7Days to Dieの自由度を生かした
建築以外の楽しみ方を提案する記事です。
公開当時のものに編集を加えました。
それにより、記事のレイアウトや内容を見やすくしました。
またその後の関連記事のリンクを付けてることで、
さらにまとめて情報を確認することができるようになりました。

・7Days to Die アップデート情報

【その他タイトルの情報】
・ARK Survival Evolved アップデート情報
・Dead by Daylight アップデート情報

・Survive the Nights 攻略徹底サポート情報

7 Days to Die 建築 以外の遊び方

7 Days to Dieと言えば、
クラフト系ゲーム好きの方なら
知っていることも多いのではないかと思います。

リアルマイクラ、サバイバルクラフトなどなど
色々な呼び方をされています。

まさにその通りだと思います。

さて今回のテーマはそんな7daysの遊び方について。

 

建築 だけではない遊び方を提案

 

まず、7Daysは本当に建築だ楽しくて色々なブロックがあるので、
自由度が高いですよね。

さらにマイクラと違うところを挙げるとするならば、
やはりリアルなグラフィックですね。

以前のアップデートでは遠くの景色が見えるようになったり、
とても面白い追加要素ができたと思っています。
僕は建築やサバイバルというものも、
非常に面白いし、ゲーム本来の楽しみ方だと思います。

しかし、せっかく色々ブロックが積めて、
オンラインマルチができるならフレンドさんと
カスタムルールで遊んでみるのはいかがでしょうか?

カスタムルール、とは
カスタムゲーム、カスタムマッチなど色々な言い方がありますが、

つまり、オリジナルゲームのことです。

 

すでにそういう遊び方をされている人も多いでしょう。

 

ですが、僕の思うにカスタムする際に
最も気を付けなければいけないことは
ゲームシステムに依存した形でルールを作ることだと思います。

例えば鬼ごっこのような遊びで
石斧で殴られたらステージの外に行ってね……という
決まりがあったとしたら、
僕はそれは時にルールが破たんする可能性があると思っています。

なぜなら、それらはプレイヤーのモラルに
委ねられている部分が多いからです。

まず、石斧が当たった、というのは逃げている方も必死なので
判定に気付くかどうか、
そして当たったら自分でステージの外に行くのは、
かなりプレイヤーモラル任せなので

こういう場合
僕ならばステージの外にベッドを設置しておいて、
プレイヤーはキルされたら、
そこにリスポーンする。というルールにすると思います。

これなら、挙動がシンプルかつゲームシステムに則ってますよね。

また下の記事では 7 Days to Dieで行う人狼ゲームについて
当サイトなりの一つの提案を用意していますので、
どうぞ興味がある方はよろしくお願いします。

 

セマフォのTwitterはこちら

ゾンビサバイバルゲーム インタビューなど