OPENREC アクセス解析 追加されました。

 

OPENREC Semapho

 

OPENREC にはこれまでアクセス解析
つまり、Youtubeなどでおなじみのグーグルアナリティクスのようなものが
実装されていませんでした。

しかし、僕はこの OPENREC アクセス解析 機能 をめっちゃ楽しみにしていました。

 

なぜか?という理由を説明しながら機能を紹介します。

 

まず、このウェブサイトのOPENREC関連記事を読まれた方は
なんとなく知っているかも知れませんが、
OPENREC の運営 CyberZは

広告のプロフェッショナルです。

また様々な設計、運用、保守に渡るインフラ事業も含めて

エンジニアとしての技術はかなり有名で、
そういう会社がこの動画配信サービスを作っています。

と、ここまではべた褒めしていますが、
僕はキチンと運営に意見出しもしているので、
かなり改善点はあると思われますw

 

つまり、このアクセス解析はそういう見方をすると、
プロが作った配信者向けの機能なのです。

 

じゃあ、どうやったら使えるの?

 

OPENREC の アクセス解析 機能はまず、
当然のことながら配信者向けの機能です。

さらにこれはプレミアム会員でなければ使うことが出来ません。

 

ちなみに、噂レベルではオフィシャルユーザーも、
プレミアム会員と同等の機能が使える、という
話も聞くので、もしかしたらオフィシャルユーザーも使える、
という考え方もできます。

しかし、これはあくまでも噂レベルの話です。
例外として話を出すために敢えてここに記述しました。

 

ということで、実際に僕は

OPENREC 配信者 であり、
プレミアム会員でもあるので、

このアクセス解析について解説したいと思います。

 

まず実際の画面をお見せしましょう。

もちろん規約は全て目を通して、
このアクセス解析画面の公表について記述がなかったので、
それを使用しています。

 

OPENREC アクセス解析

 

まず上の画像、グラフは再生回数の数を表しています。
そしてそこにはユニークユーザー、つまり視聴者数が表示されます。

例えば、ある日15人のユーザーが動画を30回再生したら、
再生回数30回、視聴ユーザー数15人という風に表示されます。

この辺はウェブサイト運営している方は結構分かると思うのですが、
良いウェブサイト、チャンネルというのは
ユニークユーザー数もかなり大事です。

僕はちなみに、ユニークユーザーに関しては満足しています。
と言う内容で察して頂ければありがたいですw

 

さらに画像の通り、グラフの表示を

昨日、今日、先週、今週などという風に変えることもできます。

 

これらは非常に僕としては見るのが好きなデータなんですw

 

次の画像は……

 

OPENREC アクセス解析 その2

 

 

これは画面の少し下の方にある動画別のアクセス解析です。

同様にどの動画がどんだけのユーザーに再生されているか分かります。
この動画別アクセス解析はさっきの画像においての
先月や今月などを選ぶことによって、
こちらの表示する数も連動します。

 

OPENREC アクセス解析 楽しい!!

 

 

ここからは僕の個人的な考えとおすすめ。

 

例えば、OPENRECオフィシャルユーザーになりたい方。

OPENREC運営側はそのボーダーラインや認定基準を明らかにしていませんが、
少なくとも影響力やユーザーを集める能力があって損はしないと思います。

なので、このようにアクセス解析をしていれば、
自分がどのくらいユニークユーザーを集められるのか、
またどんな動画にユニークユーザーが集まるのか、
などという再生回数を見ただけでは分からない内部の動きが分かります。

なので、マーケティングなどの方向性から
オフィシャルユーザーを狙う方はかなりおすすめですよ。

もちろん、アクセス解析をしなければ、
オフィシャルユーザーになれるという訳ではないでしょうから、
それらは選択の自由ですね!

 

また、今後実装される

 

OPENREC Creators Program ……

つまり、OPENREC の 収益化の際も、
このようなアクセス解析があれば役に立つかも知れません。

というか、もし僕がプログラムに参加できれば、
間違いなくアクセス解析を役立てようとするでしょう。

それは広告料もらうぞー!という方向性よりも、
プログラム参加者に対してリスナーはどんな動きをするのか、
広告とユニークユーザーの動きなどを調べてみたい、
という欲求が一番大きいですねw

 

 

でも例えば、実際にどんな風に役立てるの?

ということについて推測を交えてお話しすると、
広告は少しでも多くの色んな人に見てもらうことで効果があると思われます。

つまり、A社の広告に興味がない人がその広告を何回見ても
恐らくそのサービスを利用、購入しないでしょう。

ですが、A社広告をその回数分、別の人に見てもらえれば、
購入してもらえるかもしれない!

という一つの例を挙げただけでも、
少しでも多くの人に見てもらうことは大事だと言えるでしょう。

OPENRECとしても広告収益を参加者で分配すると言っているので
Cookieや運営側のアクセス解析などから、
広告クリック率が高い配信者には
分配率をアップする可能性だって考えられます。

実際に様々な広告収入において、
クリック率は収益に対してかなり影響が出ます。

それは恐らくYoutubeでも同じでしょう。

動画再生の際の広告をクリックすれば、
その配信者の動画広告からの流入ということになりますので。

なので、実際に OPENRECのアクセス解析 を収益に役立てるには
過去のユニークユーザーが多い動画、放送のアクセス解析をして、
ユニークユーザーが多かったゲームタイトル、放送のやり方を勉強することで、
分配率が高まるような動画を作れるかも知れません。

ちなみにこれはあくまで僕の勝手な予想と考察ですw

 

また、アクセス解析では
ライブ中の再生回数とアーカイブの再生回数が分かるので

ライブ中よりもアーカイブでユニークユーザーを獲得しよう、
ということも狙えるのではないでしょうか。

 

では今回はこの辺で。

 

参考になれば嬉しいです。

セマフォ