OPENREC クリエイターズ プログラム 詳細発表されました。

 

追記のお知らせ(2017/7/3)

 

OPENREC クリエイターズプログラムがついに実施されました。
この記事ではそれらについて、
明記していきますのでよろしくお願いいたします。

また、古い情報の上に新しい情報を上書きします。
新たにページを設けることもありますが、
その際はまたこのページまたは当サイトTOPでお知らせします。

以下6/27の更新内容

収益化可能ゲームタイトルについて見出しをつけて更新しました。

あらゆる箇所の見出しと構成を改めました。

当サイトが独自に聞いた収益化可能タイトルの記述と
その制作チームへのインタビュー記事へのリンクを付けました。

 

クリエイターズプログラムの話

 

OPENREC まとめ アイコン

 

こんにちはセマフォです。

 

当サイトでは OPENREC Creators Program が発表されてから、
その内容について様々な考察と意見などを記述してきましたが、
本日、 OPENREC 運営 CyberZ からその詳細が発表されました。

OPENRECクリエイターズプログラムは7/3に実施されました。

 

OPENREC クリエイターズ プログラム アナウンス

 

まず、以前の記事の中でもお伝えしていましたが、
そもそも OPENREC クリエイターズプログラムってなんだ、
というと……

OPENREC における動画投稿やライブ配信を収益化するプログラムです。

その収益形態は二つ。

・広告収益

→広告収益は投稿した動画に広告などが流れ、
その広告の流れた回数(またはクリック数?)によって
ポイントが支払われるというものである。
Youtubeをイメージしてもらえると分かりやすいかも知れない。

 

・エール収益

→エール収益とはライブ配信中にリスナーが
エールアイテムという有料アイテムを
配信者に送ることができるサービスである。
エールアイテムは金額が分かれており、
それによって配信者が得る収入も異なる。
また、これによって配信者は
エール収益におけるサポーターランキングが導入される。

 

この二つの収益形態については
以下の記事の方が詳しく説明していて
考察なども入っています。

ただし、本日の発表以前の情報なので、
ところどころ、予想も外れています。

 

では続きを。

 

この OPENRECクリエイターズプログラムは以前の記事で
予想していた通り、参加に制限があります。
また、審査も必要となっています。

参加条件

 

・日本国内に住んでいること。日本語が出来て、日本内の口座をもっていること。

 

・18歳以上。また18歳未満は保護者(法的に定められた人物)の同意が必要。

 

・OPENREC プレミアム会員であること。

 

・OPENREC 配信権限があること

 

以上の参加条件は公式サイトの説明から得ました。

当サイトの管理人セマフォは……

 

18歳以上。OPENREC プレミアム会員。なおかつ配信者。

ということなので、参加条件は全て満たしていますね。

 

ということで、早速 OPENREC クリエイターズプログラム に
参加申し込みしてきました。

 

ちなみにアカウントの見た目は下記の画像リンクから確認できます。
青いマークがプレミアム会員のことです。

OPENREC クリエイターズ プログラム 参加者 Semapho

 

まず規約に同意して、その後申し込みを行います。
その後、事前に登録していたメールアドレスに

参加可否の審査 後に結果をお知らせするというメールがきます。

なので、僕は現在結果待ちです。

ちゃんとクリエイターズプログラムに参加しました。

ちなみに OPENREC 配信者になるにはどうすればいいのか、
という記事はこちらから。

 

では、収益化の流れはどのようになっているのでしょうか?

まず、上記のように僕が申し込んだプログラムに参加したのち、
配信単位で設定できるようです。
つまり、僕がある編集動画では収益化ON、
あるライブ放送では収益化OFF、
のように、その辺りは結構好きなように、
毎回、参加後は全ての動画に設定できるようです。

 

しかし、中には収益化できないゲームもあります。

 

追記6/27 収益化可能なゲームについて

OPENREC クリエイターズプログラムにおいて
収益化可能なゲームの考え方としては二点あります。

・任天堂タイトルについて

→任天堂タイトルは先日OPENRECにおいて
収益化可能なゲームとしてリストアップされました。
条件はOPENREC クリエイターズプログラムに参加することです。

・それ以外のタイトルについて

→任天堂タイトル以外はそれぞれのゲームのガイドライン等にある
収益化可能かどうかの記載によります。
これはOPENRECでも明記されています。

ちなみに当サイトで収益化可能だと確認したゲームは

・Portal Knights
→制作チームへの独自インタビュー記事はこちら

・The Forest
→制作チームへの国内初インタビューはこちら

 

 

OPENREC公式ページ 収益化可能タイトルについて

 

このリンク先のさらに「収益化が可能なゲームリスト」というページには
現在、OPENRECにて収益化が可能なゲームが全て記載されています。

また、上記以外のゲームでも、
収益化が可能か不可能か分けられている可能性も十分あります。

 

そして収益化の分配の流れを公式ページから引用します。
引用する理由については情報の正確性を保つためです。
なお、公式ページも同時にリンクを付けますので、
気になる方は同時に確認下さいませ。

 

収益分配の流れ
  • OPENREC.tvで発生した広告収益やエール収益を原資として、視聴数やランキング、
    獲得したエール数などプログラムに参加する配信者の活動実績に応じて、一定のルールに基づき分配されます。
    ※ 獲得したエールを、直接収益として受け取れるわけではありません。
  • 収益分配は月ごとに計算され、翌月中にOPENRECポイントとして配信者に付与されます。
  • 付与されたOPENRECポイントは、他の用途に利用したり、現金として指定の銀行口座に振り込むことができます。
  • 指定口座への振込には、最低1,000円以上が必要です。また、振込額が10,000円に満たない場合には振込手数料210円がかかります。
  • 収益分配で得られたOPENRECポイントのみ現金化することができます。
  • 付与されたOPENRECポイントの有効期限は6ヶ月です。
  • 月に一度以上の配信を行い、収益が200円に満たない場合には、200円分のOPENRECポイントが付与されます。

OPENREC公式ページから引用

 

このような記載の通り、
ポイントによる取り決めが結構詳しく載っていますね。

 

これから、OPENRECクリエイターズプログラムの参加可否の審査が行われますね。

 

ただ、ここで一点注意事項というかおすすめしないことがあります。

現在、結構著作権に違反している配信者さんをお見掛けします。

楽曲使用について。

 

広告が出るっていうことは、
その広告主の信頼を下げることはOPENRECとしては
防ぎたいだろうし、収益が関係する以上、
モラルはこれまで以上に守っていく必要があると思います。

実はちょこちょこOPENREC規約は追加されたり、
変更点やより具体的に明記されていたりします。

中でもOPENREC公式としては、
楽曲を無断使用している人がいることを報告受けているのでしょう。
そこについて、配信停止にする処置や対策など、
または著作者の方とのトラブルの際についても
キチンと明記されています。

なので、 OPENREC クリエイターズ プログラム 参加後、
より楽曲使用についてはきちんとした制限が設けられると思われますし、
個人的にはずっと守っているルールです。
またはJASRAC管理楽曲使用についても演奏した場合、
運営に報告もしています。

 

なので、OPENREC配信者でモラル向上と実りある
OPENRECクリエイターズプログラムにして参りましょう。

 

では、セマフォでした。