OPENREC 任天堂 タイトルについて許可されたものは配信公認

 

スポンサー広告

追記・捕捉(6/26)

現段階ではまだプログラムが始まっていないため、
この記事における情報はあくまでも参考程度でよろしくお願いいたします。

もちろん、当サイト管理人のセマフォも
OPENRECクリエイターズプログラムに実際に応募しているため、
参加できた場合、さらに信頼のおける情報を公開します。

そのため、どうぞOPENREC最新情報を多く取り扱っている
当サイトを今後もよろしくお願いします。

ちなみにOPENREC最新情報はこちら。

OPENREC PUBG PARK カスタムサーバー 始動!!

 

 

以下 現段階での参考情報

こんにちはセマフォです。

今回は先日、僕がOPENREC クリエイターズプログラムに参加した、
という記事の際に本当は書こうと思っためちゃくちゃ大事な内容についてです。

どう大事なの?っていうと……

今後、任天堂の動画配信へのスタンスが分かるようなことなんです。

 

今回の包括許諾においてライブ配信サービスでは確かOPENRECが初なんだそうです。

 

では参りましょう。

 

〇 包括許諾契約ってなんですか? 〇

 

包括許諾を説明する前に、
まずはOPENRECと任天堂がどうなったのか?
ということから、説明した方が恐らく包括許諾についての説明が飲み込める気がします。

まず、平たく今回のことを説明すると、

任天堂は自社タイトルの内、
指定したソフトをOPENREC配信者が動画配信することを
公認したということなんです。

はい、これについて昔からの任天堂ファンの方は驚きでしょう。

あの任天堂が動画配信にGoサインを出すとは。
これは正直、僕は今なのか!しかもOPENRECなのか!

という感じで驚きました。

ただし、よくよく考えると
確かに最も妥当で任天堂にとって公認しやすいのは
OPENRECなのでしょう。

これについてはまた後で。

 

さて、つまり任天堂タイトルにおいていくつかのソフトが
OPENREC配信OK!さらに収益化可能となったということですが、

包括許諾契約ってなんだか分からない。

と言う方へ簡単に説明します。

 

例えば、契約期間において一定の契約料を払えば、
当サイトの『この音楽に関しては』あなたのチャンネルで
配信中に流して良いですよ。
自由に歌っていいですよ、演奏してもいいですよ。
というような形態の契約です。

もちろん、もっと細かくなったり、期間がバラバラだったりしますが、

今回の OPENREC 任天堂 を例に出すと……

①まとまった期間の契約であり、契約料金が発生。

②配信可能なタイトルと収益化可能なタイトルを任天堂が指定。
(もちろんOPENRECの希望も合わせすり合わせ、話し合いはあったはず)

③契約期間中ならOPENREC配信者がその指定タイトルをいくら配信しても大丈夫。

 

という感じですかね。

これはもちろん例なので、実際と契約内容は違うかも知れませんw

さらに契約内容はもっともっと細かい感じでしょうが、
配信者やリスナー側が理解することは

 

任天堂が認めたゲームソフトは動画配信による収益化が可能!
これでほぼ十分じゃないでしょうか?

 

ポイントは、『指定タイトル』ということなのですが、
じゃあ、どんだけのソフトを任天堂は配信許可しているの?

 

まず、勘違いしやすいポイントがあるのですが

 

OPENRECクリエイターズプログラム参加者は
一部を除く任天堂タイトル以外は配信可能で、


プログラムに参加していない配信者は

任天堂タイトルを動画配信できません。

 

現在はまだ参加していない配信者の
任天堂タイトルの動画は再生できますが、
プログラムが始まったら再生不可、との話も。

 

どこが勘違いしやすいのか。

 

それは今回の包括許諾契約において

『収益化可能な任天堂タイトルリスト』という

OPENREC公式ページに記載された一覧があるのですが、
もしかしたら、そこにあるゲームしか配信許可されてないの?
という勘違いがあるかも知れません。

 

ですが、これはOPENREC運営も明記しているように、

 

『収益化可能な任天堂タイトルリスト』にあるゲームは
OPENREC クリエイターズプログラムにおいて
動画配信で収益化できるゲームのことです。

そしてクリエイターズプログラム参加者は、
そこに載っていない任天堂タイトルは
収益化はできないけど配信はできるということです。

もっと正確に言うと「配信設定画面でゲームカテゴリ」一覧にあるものは
配信できるということのようです。

追記(7/6)

この解釈は実はすごくややこしくて、
いまだに色々な意見と運営への質問が多くあります。

収益化可能リストにないゲームはもちろん収益化は不可です。
そしてそこに載ってないゲームの内、
OPENRECのゲームカテゴリにあるものは配信可能、
という解釈だと思われます。

 

ここにその収益化可能リストがあります。

 

(OPENREC公式ページです)

 

そして改めて言いますと、

『収益化可能な任天堂タイトルリスト』はもちろん
配信設定画面において名前が出てこないゲームについては

 

動画配信は許可されていません。

 

例えばニンテンドウ64の
大乱闘スマッシュブラザーズは

収益化タイトルのリストには入っていませんのでご注意を。

それ以外にも、
恐らく自社キャラクター以外のものが入っているものは
収益化はめっちゃ難しいでしょうね。

 

ただし!任天堂は包括許諾契約によって、
OPENRECでの動画配信を認めたということは

今後制作段階でそれを決めておけば
他社キャラが入ったゲームでも配信可能になるかも?

 

と勝手に予想してますが、この辺は本当にあくまで予想ですw

 

 

では、冒頭に触れたなぜOPENRECなのか?

という予想と推測をします。

まず、一番の理由がOPENRECは日本の会社ですね。
サーバーが日本にあり、さらにこれまでのCyberZの実績なども踏まえて、
国内における任天堂タイトルの動画配信を管理するには、
すごくスピーディーな対応とフレキシブルなものを期待できたのかな?

という予想と、

今後は他の配信サービスでも許諾は得られるんじゃないかな?

という推測に基づく見立てです。

 

OPENRECが許可を得られた理由に関しては、
やはりコンテンツ自体がゲームに特化していることもあるのではないでしょうか。

やはり任天堂はその辺かなり敏感な企業なので、
その辺の許諾に有利だったのかな?と思われます。

 

 

ではまた。

セマフォ