OPENREC PUBG PARK カスタムサーバー の話

 

 

管理人・セマフォとは……。

2017年5月から9月までに、
12本のSteamゲーム制作チームへのインタビューを掲載、
そして、PUBGPARKの関連のインタビューを3本掲載している。

元・ゲーム制作の現場の人間で、
退社後は音楽関係のライター、プロモーターに。

Twitterはこちら。

 

スポンサー広告

PUBGPARK のニュース!(9/29) NEW!!

 

PUBGPARK 優勝者 続々プロデビュー!!

 

当サイトオリジナルのPUBGPARK記事、
PUBGPARK TiMESでインタビューした、
CrySheep選手BobSappAim選手がプロデビューしました。

これにより、PUBGPARKが
プロへの登竜門として認知されていることが分かりました。

 

PUBGPARK TiMES 掲載

OPENRECで開催中のPUBGPARKの出場者へ優勝者へのインタビュー記事、
または毎週情報をアップするページを追加しました。

『PUBG PARK TiMES』

 

これまでに、PUBGPARK #6、#7優勝者のボブサップエイム氏、
PUBGPARK #3 優勝者のCrySheep氏へインタビューを行いました。

・ボブサップエイム選手へのインタビュー
・CrySheep選手へのインタビュー
・かぐしぃ選手へのインタビュー

 

記事を編集を行いました。(8/31)

 

こんにちはセマフォです。

この記事ではOPENRECによる
PUBGのカスタムサーバーで行われている大会
『PUBGPARK』について紹介します。

PUBGといえば、
steamで最もヒットしたゲームであり、
恐らく今年は PUBG を超えるヒット作は出ないではないでしょうか。

 

そんなPUBGは
100名のプレイヤーが戦場に放たれ、
武器や物資を取得しながら最後の一人を目指すという
いわゆるバトルロワイアルゲームです。

すでに多くの有名配信者や数々のゲームファンが
その骨太さに魅了されているところです。

 

OPENRECは PUBG リリース当初から 配信が盛んであり、
現在も多くの配信者とリスナーによって番組が作られています。

 

そして今回紹介するPUBGPARKはいわゆる『神視点』と呼ばれる、
全プレイヤー視点+全プレイヤーの位置、所持武器など、
サーバー運営者独自の視点による放送が非常に面白いです。

こちらがそのチャンネルです。

 

 

これの何がすごいって、
いままで国内でこのような形で配信サービス主導で、
リスナーも巻き込んで盛大に催される大会はなかったと思います。

ある種言ってみれば、
窓口が広いe-Sportsだと思うし、

OPENREC PUBG PARK という企画が実現できるということは、
今後あらゆるゲームにおいて、
OPENREC運営主導の参加型大会が開催される可能性が出てきました。

 

あくまでもPUBGPARKは『バラエティー番組』という位置づけのようですが、
参加している配信者の方々を見ると、
やはりめちゃくちゃ強い人ばかりです。

 

公式放送とリスナーについて

実際にその催しが開かれ、
OPENRECの有名配信者を始めリスナーが参加し、
公式放送でそのブロードキャストが始まりました。

MCはブンブン丸さん(ゲームライター、イベントMC)と
毎回ゲストMC、解説員が登場する構図です。

一つの番組が本当に出来ていて、
その中でPUBGが取り上げられているので、
めちゃくちゃ新鮮だし、良い雰囲気です。

そして、ゲーム実況のカルチャーも十二分に含んでいるので、
コメントはリアルタイムで番組MCに届いていますし、
リスナー同士でも参加者のプレイに対する
驚きや笑いなどを共有できます。

多くのリスナーさんが、
自分の好きな配信者、応援したい配信者の放送に入り、
コメントを打ったり、見守ったり。

つまり、あらゆる楽しみ方がリスナーに委ねられている気がしました。

もちろん、有名配信者だけでなくて、
それ以外の枠は一般も受け付けていますので、
もしかするとプロゲーマー相手に勝利できる、ということもあるでしょう。

 

 

最後に

 

PUBGPARK TiMESという毎週更新する
PUBGPARKのディープな情報記事を始めました!
初回はPUBGPARK#6 #7において、
連続優勝を果たした BobSappAim( ボブサップエイム )選手への
インタビューを公開しています。

ボブサップエイム選手は#7 において
個人17キルのドン勝をしたことで話題となりました。

 

 

それではまた。

セマフォ

 

その他おすすめ記事