BASI ヒップホップ のすすめ。

 

BASI ヒップホップ

BASI ArtWork by Semapho

スポンサー広告

ゲーマー &トラックメイカー の管理人

 

こんにちはセマフォです。

普段、ほとんどゲーム情報をアップしているので、
こういう記事を書くことはアリなのか?ナシなのか?

と考えていましたが、なにを勘違いしていたのだろう。

僕は自分でこのウェブサイトを個人の趣味と位置付けていたはず。

というか、ゲーム好きにもヒップホップ好きは絶対いるし、
今好きじゃない人にこそすすめる音楽をすすめるのも
セマフォの屋根裏部屋らしいスタイルじゃないか。

ということで短い脳内会議の末、
音楽についての記事も書くことになりました。

というか、スチャダラパーのMC BOSEだってゲーマーだし、
自分で自分のスタイルを縛るのはむしろカッコ悪いですよね。

 

BASI とは

今回この記事で紹介するBASIとは……

関西が誇る最高のグルーヴを生むバンド『韻シスト』
そのMCの一人でもあり、
ソロとしても最近ニューアルバムを出したラッパーです。

BASI 公式Website『Basic Music』

要らない敷居をなくしたい

ヒップホップ、ラッパーと聞いていまだに
「YoYo」「なんとかだYo」ってイメージ持ってる方がいます。

もちろん、そういう漠然としたイメージも持ってて当然だし、
わざわざビートに合わせて韻を踏む意味が分からない人がいるかも知れません。

少なくとも、普段ヒップホップを聞かない層には
リアルなヒップホップの良さが届いていない感じは否めないです。

なので、この記事ではそういったライト層にも向けて、
記述していく記事です。

そのため、ストリートに立っている人には
『おいおい、ヒップホップを舐めるなよ』と言う方もいるかもしれません。

しかし、僕自身あらゆる音楽をやってきた上で、
ヒップホップも好きですし、
実際に現場やストリートを見て、
トラックを制作しています。

そしてゲーマーです。

 

同じゲーム好きに向けて記事を発信することは自然なことなのです。

 

なんで BASI なのか?

 

MC BASI は言葉の使い方(遣い方)が生活に基づいていて、
ヒップホップを知らない方でも
共感できる韻の踏み方、フレーズがあります。

さらに、僕の個人の好みとして
ポップスラッパーと違って、リアルでめちゃくちゃかっこいいから。

そしてトラックも渋くてかっこいい。

そういったことから誰に紹介しても
間違いないヒップホップとして真っ先に浮かんだのが、
BASIでした。

もちろんBASIのバンド韻シストも浮かんだのですが、
韻シストの場合、
当サイトの記事の書き方からするとバンドサウンドの説明も含むので、
いきなり専門的なことを書き連ねるのは

上記項目の要らない敷居を設けることに繋がりかねないため、
今回はシンプルにバンドサウンドを説明しなくても
ライト層向けとしては不自然な記事ではない
ラッパーを選択したというわけです。

もちろん、BASI のトラックの多くは
バンドやミュージシャンのサンプリングなので
そこを説明すると必要不可欠なのですがw

 

BASI のサウンドの特徴

 

これはあくまで僕の感じていることですが、
BASIは大人向けヒップホップです。

これは大人じゃなきゃ聞けない!という意味ではなくて

大人な落ち着いた雰囲気を感じたいならおすすめするヒップホップ

という意味です。

 

曲は最初から最後まで落ち着いていながらも
フック(※1)はリスナーも口ずさみやすいものです。

そしてリリック(※2)は一つ一つ共感しやすい、
またはBASIの見ている景色を想像しやすいものになっており、
そのリリックがEvisbeatsのトラック(※3)に乗ることで、
ゆったりと落ち着き、そしてジャズっぽい雰囲気が漂っています。


 

※1 フックとは……
一般的にサビなどにおいて繰り返されるような印象的なフレーズ。
またはその曲においてイメージに繋がるような盛り上がる箇所。

※2 リリックとは……
歌詞のこと。ヒップホップにおいては人生を落とし込んだり、
生き方のテーマを左右する重要なもの。
ラッパーによって、それらこだわりは様々。

※3 トラックとは……
ラップを乗せる曲のこと。
ビートという言葉との違いは
一般的にビートはリズムを構成するもの(ドラムとベースなど)
トラックはそれらを含む曲のこと。
もちろんトラックメーカーを
ビートメーカーと呼んだり、例外はいくつもある。
この記事ではビートとトラックの違いを
分かりやすく伝えるために記述している。


 

なぜセマフォはBASIをプッシュするのか?

 

僕はポップミュージックのラップがまず苦手です。

それはバンドでも同じことが言えるのですが、
流行り廃り関係なく、いつの時代でも自然となっている音が好きなのです。
(意味が通じた方はGoodです!)

じゃあ一過性の音との違いは?

これは僕は間違いなく言えるのは
BASI の音楽にはカルチャーがあるからだと思っています。

例えばゲームならば任天堂がファミコンを作り、
高橋名人のようなすごいゲーマーが出てきたり、
そこに子どもたちが独自のやり方を見出し、

誰が一番連射が速い?

誰が一番ゲームが上手い?

というようなローカルも含めたルールや基準が生まれて、
どんどんその輪が広がり、

面白いゲームを出すために色んな人が工夫し、
それらが娯楽に定着し、現在も進化を続けるのです。

現在、僕が当サイトでインタビューしているような
ゲーム制作チームの影響を受けたゲームへと繋がります。

ブームではなく文化に残す、ということなのです。
(これの意味が通じた方はexcellentです!)

これを完全に同様に、とは言いませんが、

ヒップホップも長年、積み上げた歴史があります。

もちろん、その中にはブームで終わったヒップホップもあります。

それらをメディアが面白可笑しく取り上げた末、
フリースタイルダンジョン登場以前まで馬鹿にされ続けたのが、
僕が冒頭に記述した「YoYo」などのイメージです。

大事なことはそれとは関係なく
良い音楽を作り続けているラッパーやトラックメイカー、DJなど
そういった存在がずっと繋いでいるものだということです。

それは現在においてのロックンロールの意味とは?

という質問というか疑問に通ずるところがあります。

キースリチャーズが言った
「ロックはあるけど、ロールはどうした?」という言葉があるように

どんなものでも流行りに乗るもの、
そしてそれらに疑問を投げかけるものがちゃんといます。

そして、もっと大事なのは、
それらが存在して音楽や文化、娯楽の進化と真価が生まれる。

僕はそのように思っています。

BASIとカルチャーの関係

BASIのMVにはスケートボードやアートワークがよく登場します。

ヒップホップは

ラップ、DJ、ダンス、グラフィティを中心に
あらゆる人間の情熱や苦悩、作品が重なって生まれた、
一つの生き方であると思っています。

そういう意味で捉えてもBASIの音楽には
ストリートシーンにおいての
カルチャーがいくつも存在しています。

 

BASI の音楽は渋い。かっこいい。

 

 

ヒップホップについて含めて色々記述してきましたが、
この記事において最も大事なことは

BASI の音楽がカッコイイ!ということです。

落ち着いたBeatに歌詞。

一日のどんなシーンでも似合うような曲だと思います。

この記事を当サイトのユーザーで大半である
ゲーム好きの方が見ているのか、

それともヒップホップ好きか見ているのか分かりませんが、

最後まで見て頂きありがとうございます。

 

当サイトはあくまで個人の趣味です。

ごちゃ混ぜかも知れませんが、
これからもゲーム、音楽、好きな情報を
当サイトなりのやり方で発信していきます。

 

ではでは。

 

セマフォ

 

 

ゲームの連載記事ですが最近のおすすめです。