Steinberg Nuendo 8 ゲームコンポーザー御用達のDAW

 

スポンサー広告

Steinberg Nuendo 8 製品発表は9/15

当サイト、セマフォの屋根裏部屋ではゲーム情報を取り扱っています。
そのため、軽くSteinbergについて説明すると、
DAW(Desktop Audio Workstation)という、
PC上で音楽制作をする際に使用するソフトウェアを制作しているメーカーです。

恐らく世界で最も有名なDAWとして、
CUBASEがありますが、それもSteinbergによるものです。

そしてNuendo 8とは、
Nuendoシリーズの最新作であり、
9月15日に製品発表会が催されるSteinbergの最新DAWのことです。

実は……。

実のところを言うと、
僕はDAWはそこまで多くの時間使用していません。
そのため、めちゃくちゃ詳しいという感じではなく、
それらの作業の中身をちょこちょこ把握している、という感じです。

もちろん、DAWは持っていて、
僕はStudio ONE 2のProfessional を使用しています。
ただし、Studio ONE 3にする時期と、
Native InstrumentsのMaschineに移行する時期が同じだったので、
ハードウェアも含めて一つにまとめられるなら、と思い、

現在ではMaschine Mk2で基本的に作業しています。

最近、Maschine Mk3が発売されたのでめちゃくちゃ気になってます。

 

Steinberg と屋根裏部屋

Steinberg製品はこれまでに、
CUBASEのフリーソフトを使用したり、
現在メインのオーディオインターフェースもSteinbergです。

UR 22を使用しているのですが、
リリース当時から現在まで名機として人気ですし、
その後継機UR 22 MkIIも非常に人気です。

僕が屋根裏部屋関係で制作する楽曲の全ては、
Steinberg UR22から得た音ですし、
動画配信などそれらの音声もすべてUR22から入出力されています。

また、上記したStudio ONEに関しても、
制作は確かCUBASEと同じスタッフだったので、
作りや互換性のようなものもありつつ、
さらに動作が凄まじく軽い、上に使い勝手が良いので、
最近のDAWの中では一番プッシュしているものですかね。

ちなみに大がかりな作曲や制作の場合は、
Maschineで出来た楽曲をStudio ONEに持ってきて、
マスタリングすることもあります。

つまり、SteinbergのCUBASEに何らか関係する形で、
当サイトの素材は成り立っています。

Nuendo 8 とゲームの関係

 

ゲーム制作においても、
上記したようなDAWの存在は欠かせないものです。
恐らく現在も多くのコンポーザーがCUBASEを使っているものでしょう。
7.1chサラウンドに対応しているか、どうか。ということもありますが、
今回のNuendo 8はそれら最新ゲーム制作環境でタフに動くことは間違いないでしょう。

Nuendo 7の際に、
当時の制作環境の最先端を行っていたと思いますし、
実際に現場でタフに動いていたことも証明されています。

また、そもそもCUBASEのメーカーであるという、
これ以上ないくらいの信頼もありますので、
企業も移行する、ということがあったようです。

もちろん、ゲーム制作だけではなくて、
CMや映画など様々な制作環境でDAWは使用されていますので、
今回、9月15日に製品発表されるNuendo 8は、
世界中の音楽家に注目されています。

Steinberg Nuendo 8オフィシャルサイト

その他おすすめ記事