CrySheep 氏インタビュー PUBGPARK #3 王者

 

スポンサーリンク

スポンサー広告




CrySheep 氏とPUBGPARK#3

こんにちはセマフォです。

CrySheep氏は、OPENRECのストリーマーであり、
2017年8月に目標であったオフィシャルストリーマーになった、
OPENRECにおけるPUBGの実力者の一人です。

その結果として、
OPENREC内におけるPUBGの大会、
PUBGPARK#3のMISSON1(一試合目)において、
並みいる実力者を制しドン勝を達成しました。

そして、今回CrySheep氏へPUBGPARK#3の試合をメインテーマに、
配信者、ゲーマーとしてのきっかけなどについてインタビューを行いました。

 

PUBGPARK #3 勝者CrySheep

 

PUBGPARK #3について

 

・PUBGPARK #3も、非常に上手な有名配信者さんたちが多くいました。
そんな中、序盤はかなりゆっくりした展開になりましたね。
CrySheepさんは開幕結構早い時間帯にS12Kでキルを取りましたね。
どういう状況、展開でキルを取ったのでしょうか?

 

ー一件目を漁り終わった後に外に出た際に出くわしたので、倒しました。
 棒立ちでしたので、おそらく落ちてしまったプレイヤーだったと思います。

 

・エリア制限が北側になり、南側の遠くのプレイヤーは
車がないと厳しい展開になっていました。
(それも後半車乗りが非常に多い理由かも知れません)
その際北西からGeorgopol方面に移動し、探索をしているように見えました。
後半、キルを量産する「M416」はどのタイミングで入手したのでしょうか?

 

ーM416はGeorgopolの一件目で入手しました。
 カスタムが整うと反動がかなり少なくなる武器ですので、
   序盤で獲得できたのは幸運だったと思います。

 

CrySheep

CrySheep氏 サムネイル by セマフォ

 

・後半エリアの中心がGeorgopolの東辺り(周辺)になった後、
エリア内に車両に乗ったプレイヤーが多くいる状況でした。
後にCrySheepさんも車両を使った大胆な立ち回りも出るのですが、
あのように後半エリアが厳しくなってきて、
車に乗ったプレイヤーが多いときの立ち回りやポジションは
どのようなことを意識していますか?

 

ー後半車で思い切ったプレイをしたのは、
後々考えるとあまりいいプレイでは無かったと思います。

 正面の木々を盾にエリア狩りをされた際に、バギーを盾にできたらいいかなと思いましたが、
 歩きで強気に撃ち合った方が、好転するかもしれません。
 立ち回りとしては、エリアの縮小を待つのではなくて
   時間に余裕があるうちに右回り左回りを決めて
   クリアしながら自分の活動範囲を広げることを意識しています。

 

・武器としてはM416とKar98Kを持っていたと思うのですが、
あれは両方ともサプレッサーを付けていたのでしょうか?
また、あの状況では位置ばれしない、
ということがかなりの強みになったと思います。
ただ、CrySheepさんも
かなり相手の位置がよく見えていたのかな、とも思いました。
索敵する際のコツのようなものはありますか?

 

ーどちらの武器も最初はサプレッサーが付いていませんでしたが、
   倒した敵がARのサプレッサーを持っていました。
 kar98kはサプレッサーがありませんでしたので、
   後半はM416のサプレッサーを多用したような覚えがあります。
 索敵のコツとしては、他プレイヤーの撃ち合いが発生した際に
   どちらのプレイヤーが勝ったのか確認しておくことで大体の位置を把握できます。

 

・後半のそのバギーの立ち回りの際、
相手が前回優勝者、ということもあったのですが
あのプレイを見ていた第三者のプレイヤーが漁夫の利を得る形となりましたね。

残り三人となり、CrySheepさんは、
上手く間に入ってきたその第三者のプレイヤーと対峙しながらも、
後方から左後方辺りに潜んでいたプレイヤーを早い段階で射抜きましたね。
あそこはかなりのビッグプレイだったと思うのですが、
あの時にはすでに後ろに背負った
プレイヤーの位置を把握していたのですか?

 

ー後ろにいたプレイヤーの位置を完全には把握していなかったのですが、
   後ろに一人はいるのがわかっていたので正面の岩を攻めきれずにいました。

 

・最後、お互い木が遮蔽物となっていて、
相手がグレネードを良い場面まで取っていましたね。
相手のグレネードが丁度微妙な距離で爆発していましたが、
恐らく相手としては、グレネードを避けて出た
CrySheepさんを狙い撃つことももちろん想定していたはずです。
しかし、CrySheepさんの動きを見ていると、
一瞬、木から出るもののすぐに木陰に入りましたね。
そして最後は木から出てきた相手に
エイムをまとめてドン勝となりました。

・あの瞬間にグレネードの距離が十分自分に届いていない
と判断した、ということでしょうか?

 

ーグレネードを投げてから木の裏でバウンドするのを確認していて、
   時差投げしていないのが分かったので早めに木の裏に隠れることができました。

 

・あの大会は現在アーカイブ含めて5万回再生、
リアルタイムで何千人というリスナーが
CrySheepさんのドン勝を目撃していました。
あの瞬間どんな心境でしたか?
または今、振り返ってみてどんなことを思いますか?

 

ーイベントでドン勝を取ったのがPUBG PARKが初めてで、
   後半集中しすぎて気づかないうちに酸欠になっていました。
 ドン勝を取った際には舞い上がって放心状態でした。
   今振り返ると、本配信でGG!スタンプを送りたかったです。

 

CrySheep

動画配信について

 

・OPENRECのオフィシャルストリーマーになられたと聞きました。
おめでとうございます!
オフィシャル、ということで新たなモチベーションなどは出てきていますか?
また、オフィシャルになってからやってみたいことなどはありますか?

 

ーありがとうございます!
今年の目標の一つがオフィシャルストリーマーになることでしたので、

  今後はもう一つの目標であった、
Openrecフォロワー1000人達成が現在のモチベーションに繋がっています。

  やってみたい事としては、Openrec内で「Openrec Arena」という、
ユーザーが大会を開催することができるサービスがはじまりました。

  叶うのであれば、8人スクアッド等での大会を開催したいと考えております。
  これから問い合わせをする段階ですが、もし開催できた際はよろしくお願い致します。

・OPENREC ARENA については本当に面白い機能ですよね。
  人を多く集められることがカギになりますが、
  大会などによっては一気に注目されるきっかけになりそうです。

  また、OPENREC ARENAでの
  8人スクアッド大会は企画だけ聞いても既に熱いですね。
  その時はぜひ、ウェブサイトでも大会の記事を書いて応援できれば嬉しいです。

・ライブ配信、動画投稿など
ストリーマーとしての活動をするきっかけを教えてください。

 

ー学生時代はラジオが好きでずっと聞いていました。
  そんな時に、個人でラジオをできるサイトを見つけたのが配信をするきっかけとなりました。

 

・前回、当サイトのPUBGPARKインタビューのお相手である
「BobSappAimさん」とスクアッド組んでPUBG配信をしていましたね!
ぼぼちゃん、という愛称がすっかり馴染みかけていますが
PUBGPARK優勝者同士ということで何かお話しはされましたか?

 

ー特にPUBGPARKについて話した事はないんですが、
   以前OWを一緒にプレイしていた時から間がありましたので、
   今後はPUBGを一緒にプレイしていきたいということと、
 今後もDUO等で配信を一緒にしていこう!と、いった話はさせてもらいました。

 

・恐らくこの記事はCrySheepさんの
リスナーさんにも読んで頂いていると思います。
今年の目標であったオフィシャルストリーマーになるまでに
リスナーさんからのサポートも多くあったことと思われます。
リスナーさんへの思いやメッセージなどがあればお願いします。

 

ーたくさんのリスナーさんが、
   オフィシャルになる以前からたくさん遊びに来てくれていたので感謝しています。
 これからも次の目標を達成できるように、
   配信をしていくのでこれからも一緒に楽しい時間を共有しましょう!
 よろしくお願いします!

 

日ごろのゲームプレイについて

 

・PUBGにおいてはやはりPUBGPARKでも結果を残しています。
他にもShadowverseが好きでプレイされている、ということですが、
PUBG以前にも元々、FPSやTPSをプレイされていたのですか?

 

ーPCのFPSは、ペーパーマン、AVA、COD、OW等々プレイしてきました。
 コンシューマーでは、任天堂64の007、パーフェクトダーク等を好んでプレイしていました。

 

・私の世代としても007とパーフェクトダークは
  「マリオパーティー64」以上にパーティーで盛り上がるゲームでした(笑)

・今後やってみたいゲーム、
もしくはリスナーさんとやってみたいゲームなど
今、興味があったり注目しているゲームなどありますか?

 

ーFPSやTPSのゲーム以外に、
  人狼や、クトゥルフ神話TRPGなども好きでよく遊んでいるので、
  配信でそういった遊びもリスナーさんと楽しめたらと考えています。
  今一番興味があるのは「Last Standard」という
  ツイッターの深層心理を読み取り、ユーザーだけの武器を生成して戦うゲームです。

 

最後に

・当サイトは『こだわり』というものを大事にしたウェブサイトなのですが、
CrySheepさんの現在の動画配信、ゲーマーとしてのこだわりを教えてください。

 

ー動画配信として楽しい、を共有できる配信。
   ゲーマーとして実のある時間、いつまでも成長することがこだわりです。

 

CrySheep

 

CrySheep氏 Twitterアカウントはこちら

CrySheep氏 OPENRECチャンネルはこちら

インタビュー、その後……。

今回のインタビューの間、僕はPUBGの知識や見方についても
成長できたと思われます。
そのくらい、PUBGPARKには様々なプレイヤーの行動が
一挙に分かるような放送になっています。

OPENRECオフィシャルストリーマーになられた
CrySheepさんですが、
今後、PUBGも含めた様々な配信が行われることと思います。

このウェブサイト『セマフォの屋根裏部屋』では、
今後もCrySheepさんの配信情報やPUBGPARK関連情報をお伝えしていきます。

近いうちにPUBGPARKで再び優勝することも予想できます。

そうなったら、今度はその優勝直後のCrySheepさんにお話しを伺えたら、と思います。

それでは、また。

 

Semapho

 

その他おすすめ記事