オクトパストラベラー 体験版 プレイ感想

 

オクトパストラベラー 体験版 『ニヤニヤが止まらない』

 

この記事にはストーリー全容のネタバレはありません。
システムの紹介と、個人的なおすすめポイントについて紹介しています。

しかし、もしかすると、
製品版になり、システムがストーリーに関係する
ということも、もしかするとあるかも知れません。

そのことをご理解の上記事を読んでくださいませ。

 

 

こんにちはセマフォです。
先日、スクエアエニックスによる、
ニンテンドースイッチ向けの王道RPG
『オクトパストラベラー』の体験版がリリースされました。

僕は幼いころから兄たちの背中越しに、
FF、ドラクエ、ロマサガ、タクティクスオウガなど、
大名作ゲームを見て、そしてプレイしてきた、
英才教育を受けたガキンチョでした。

その頃のゲーマー魂はそのままに大人になった今、
オクトパストラベラーは必ず買うでしょう。

ただし、まだまだどんな内容なのか分からず、
体験版をプレイすることでイメージがつかめると思い、
早速プレイしてきました!!

 

オクトパストラベラー オフィシャルサイト

ドット絵と3Dのバランスのセンス

まず、オクトパストラベラーの、
スクリーンショットなどを見た方はお分かりのように、
キャラクターやマップはドット絵で作られています。

しかし、実際に動かしてみると、
ドット絵でありながら、空間はパワフルな3Dなのです。
シーンの展開やロードも早く、
メモリ周りは早くも堅牢な作りのようでした。

 

アイテムとバトルは全世代向け

例えば、ドラクエ、FF、ロマサガという日本ゲーム業界が誇る、
最高のRPGのようにアイテム管理、ショップ画面、
装備、戦闘中の使用、効果などは、
大きく変わりはありません。

これは近年のブレイブリーデフォルトをプレイしたことがある
若い世代でも馴染みのあるUIやプレイスタイルなのではないでしょうか。

もっと言うと、スマートフォンなどの
モバイルアプリによるRPGプレイヤーでも、
これは馴染めるベーシックなものとなっています。

戦闘システムで言うと、
シールドポイントとBPが特徴的で、
敵の弱点となる武器属性などで攻撃すると、
シールドポイントが減少します。0になるとブレイク状態。

そうなると、攻撃によるダメージ量が大きくなります。

また、BPは毎ターン溜まっていき、
Rボタンを押すと、BPを使って攻撃回数や攻撃威力をあげることができます。
(そのターンの攻撃レベルをBPを使って上昇させる、という感じ)
BPは一度に三回まで使えます。

なので、ブレイクさせた相手に、
3BP消費した『十文字切り』を叩き込めば、
相当大きいダメージを与えることができます。

 

ニヤニヤが止まらなかった

プレイしていて思ったのは、
やはりストーリーにおける説明や、
キャラクターの背景などの説明が必要な箇所は、
多少説明臭くなってもいいから、会話の中で行われると、
プレイヤーはその世界に付いていける、ということ。

もちろん、それは説明過多、ということではなく、
世界設定や歴史などの世界を構成するものについて。
または、世界の常識や魔法の有無など。

これらがキチンと会話の中で行われることが、
なんか懐かしく、嬉しくてニヤニヤしていました。

また、エンカウント方式や画面遷移の早さ、
武具の購入などの画面レイアウトもロマサガファンなら、
絶対好きだろうな、という感じで、
素晴らしいゲームになるだろう、と思っています。

 

オクトパストラベラー 製品版 楽しみにしています!!

 

Semapho

 

屋根裏部屋のレアな情報、インタビュー