スプラトゥーン2 フェス 瞬発力 持久力

 

こんにちは、セマフォです。
先日、スプラトゥーン2の第三回フェスのお題は
『瞬発力』or『持久力』を選ぶもので、
管理人セマフォは『持久力』を選びました。

結果は本日発表された通り、
『持久力』が勝利を収めました。

本日のテーマはこのフェスの結果です。

 

スポンサー広告

スプラトゥーン2 フェス 瞬発力 持久力 結果発表

上述したように、
フェスは今回も少数派の『持久力』が勝利し、
僕は初めてフェスで勝利を収めた陣営に属したことになります。

まず、最初に……嬉しい。

ですが、スプラトゥーン2プレイヤーの方は
ご存知であることも多いと思われますが、
毎回、フェスの結果については物議を醸すものとなっています。

なぜ、物議を醸すのか?

これから記述するのは、
SNS(Twitter、Facebook)でのキーワード検索により、
過去数時間に及ぶツイート、投稿を参考にしたものです。

 

・なぜ、勝率が過去三回全て『超僅差』なのか

 

Twitter上の多くのフェスへの意見(疑惑)はこれに尽きると思います。
または、この結果から(この結果に)繋がる、不満でしょう。

そして、この不満、意見に反対する、
『むしろ結果は妥当である』『当たり前である』という、
容認、肯定の意見も多くありました。

では、詳細をお伝えしましょう。

まず、フェスは得票率、ソロ勝率、マルチ勝率の
三分野のパーセントで争います。
『1%でも』多ければ勝ちです。

そして、過去三回全てのフェスで、
49%と51%に分かれるという、
1パーセントを争うギリギリのフェス結果でした。

つまり、これに疑惑を抱いているユーザーの不満をまとめると

・この結果は不自然である(操作しているのでは?)

・この結果になるようなマッチングがおかしい

・全体の勝利数などを表示して欲しい

そして、その他に多かった意見は、

・フェスのチームを毎回解体しないで欲しい

といった意見がやはり毎回多いですし、
今回もかなりの数見ることができました。

それに対して、フェス結果が妥当であるという
プレイヤーのツイートなどで多かったのは、

・そもそも勝率が五割になるようなマッチングだから当然

・少数派が勝つことが不自然という議論が不自然

両陣営の意見は上記のようなものが多かったです。
(全体の意見をまとめて、編集しています)

 

ぶっちゃけ、どうなの?

まず、最初に記述しておかなくてはならない、
僕個人の意見としては、
フェスの結果を操作しているということは、
考えたくないですし、普通はあり得ないことであること。

そして、もちろんそんなことは
全ユーザー、全開発者が分かっていることなので、
『操作』という点をこの記事で解明していこう
ということではありません。

ただし、僕は以前からマッチングに不満があったので、
フェスの一週間かそのくらい前の
アップデート前にはキチンと任天堂の運営
『マッチングシステムの見直し』希望する意見を提出しました。

なぜなら、僕は自分が「こうだったら良いな」
「こうだったらもっと楽しめる」と思うことを、
運営、開発に伝えることで、
より良いゲームにしていけると思っているためです。

結果として、
その意見が開発に届くことはなかったのですが、
意見をちゃんと出したことは、
ユーザーとして「すべきことをした」という実感があります。

どこが不満だったの?

このマッチングシステムについては、
フェスと普段のガチマッチが共有している不満な箇所と、
切り離して考えるべき点があります。

 

・勝率五割への縛りが強すぎる

 

もちろん、マッチングは公平に行われることが大事です。
それによって、チーム同士のバランスや、
試合への満足感、ゲーム体験の質が良くなるものです。

ただ、これまでのフェスの結果を見ていて、
またはそこに表れている数字を見て思うのは、
お互いに1%も譲れないレースが三回連続続いたことは
単なる偶然ではなく
システムの影響力があまりにも強いということです。

これはもちろん、ユーザーによっては、
賛成であるということはもちろん理解していますし、
その中で楽しまれているユーザーもいて素晴らしいと思います。

ただ、上述したように、
運営へメールフォームを通してお伝えしたのは、
どれだけ個人が頑張っても、
チームが頑張っても、マッチング結果が示しているように、
『勝率五割』されてしまうことが僕には厳しいと感じました。

なにが一番、厳しいのかと言うと、
『勝てば勝つほど負けやすくなる』ということです。

全ユーザーの勝率が五割にされるということは、
連勝すれば、連敗に向かう確率が高くなるのです。

事実、僕はフェスの過去50試合の結果は、
24勝、26敗でした。

ほぼ、五割です。

(日ごろのガチマッチも連勝が続くと連敗が続く)

 

勝率が五割になるマッチング

そもそも、勝率が五割になるようなマッチング、というのは
少し違和感があるようにも思っています。

これは、運営に不満ということではなくて、
むしろ開発は様々なマッチング方式を組んでいて、
それによって勝率が五割になるマッチングを目指している、
ということであると思っています。

それが僕にとってはあまりに重い足かせになることがあり、
スプラトゥーン2をもっと楽しみたいなあ、という
要望へ繋がりました。

 

じゃあ、本当に公平なマッチングと思うか?

これに関してはハッキリとNOである、ということです。
信じられないようなマッチングが、
ガチマッチ、フェス両方ともにあります。

もちろん、これは開発・運営に要望として伝えています。

フェスで有名なのが、
ランク50の自分とランク一桁のビギナーがチームに混ざっていて、
相手は軒並み高ランク、という試合があります。
(恐らく多くの人が経験しているはず)

または、
フェスで自分が大活躍しても、
塗りで圧倒的に負けてしまう試合。

これらの原因はハッキリとしていて、
高ランクに太刀打ちできないビギナーが、
高ランクと試合をさせられる、ということにあります。

 

ここであることに気が付きます。

これは勝率が五割になるということで、
互いのチームの実力が五分になる、ということではないのかも。

今後、どのようになるのか……。

ところで、ウデマエが下手なんじゃない?

そうなんです。まさに下手くそなんですよ。
ガチマッチで言うと、
エリアとホコがSとA+を行ったり来たりしているくらいで、
ヤグラに至っては確かS(A+?)からB+にまで落ちたことがあります(笑)
現在はヤグラもA+くらいまでやっと上がってきました。

ここで気が付いたことがあります。
正直、S帯に突入した僕にとっては、
B+まで落ちるとやはりビギナーが多いため、
A-、Aくらいになるまで、ほとんど負けることなく、
ランクを復帰させてきました。

つまり、これは僕が自分よりもウデマエが低いユーザーの中では、
あまり負けることがないプレイヤースキルだけれど、
S帯で活躍できない他のプレイヤーを勝利に導けるほど、
優秀なプレイヤーではない。ということの証拠です。

 

つまり、僕くらいのスキルの方は、
少なからず苦戦しているはずです。
なぜなら、勝率が五割になるマッチングなので。

 

じゃあ、どうなってほしいの?

はい、この記事の最も重要なところはここです。

僕はまず、マッチングに関して、
公平にするということは大賛成ですし、
そうでなければ全てのユーザーが納得することはないでしょう。

まず、僕は『ウデマエパワー』を重視するだけでなく、
キルレート勝率過去数試合の情報などを基に、
本当の意味での『同レベル』のユーザーを集めたマッチングで、
勝負したいと思っています。

(何度もお伝えしていますが、これは運営に要望を出しました)

フェスに関しては、
よく意見がSNS上に載っていますが、
毎回チームを解体しないで欲しい、ということですね。

恐らく、そもそもこの仕様が
初代スプラトゥーンから変わった理由も
『勝率五割』にするためなのなのだと思っています。

 

それから個人的に最も重要なことはこれです。

『SNSの公式アカウントに文句を言わず、公式サイトから要望を』

 

SNSの公式サイトに文句を言ったり、
罵声を浴びせることはやめて、
キチンと意見をお伝えすること
我々プレイヤーも一緒にゲームを完成させる、という
理想的な信頼関係を生むのではないでしょうか?

 

スプラトゥーン2は非常に面白いゲームです。

そのことを僕は理解していますし、
そのゲーム体験をより良いものにしたいので、
運営に要望があるときは提出すると思います。

皆さまもどうか良いゲーム体験をお過ごしください。

 

セマフォ

 

この記事を読んで頂いた方におすすめ