ARK 洞窟 冒険の準備と攻略について

 

Ark Survival Evolved 関連情報TOPページはこちら

【アップデート情報】

・Ark Survival Evolved アップデート情報
・Dead by Daylight アップデート情報
・Portal Knights アップデート情報
・7Days to Die アップデート情報
・Survive the Nights アップデート情報

 

 

スポンサーリンク

スポンサー広告




ARK 洞窟 冒険しよう

こんにちはセマフォです。
今回はArk Survival Evolved 洞窟攻略するにあたっての、
準備と心得のようなものをお伝えしていきます。

Ark Survival Evolved オフィシャルサイトはこちら

Ark Survival Evolved 海外公式サイトはこちら

Ark Survival Evolved Steamストアはこちら

Ark Survival Evolved モデルのベースボールキャップ【価格と在庫を見る】

ARK Aberration 洞窟メインのハードコアマップ 12/13 NEW!!

本日、リリースとなった
ARK Survival Evolvedの拡張マップ。
ARK Aberration をプレイしました。

まだ購入していない方も多いと思われます。
そのため、ここではARK Aberrationの
基本情報をまとめた動画を紹介します。

Aberrationでは、
木材、わらもエリアによっては貴重な素材です。
また、赤いキノコは採取しなくても
触れるだけで幻覚作用があるため注意が必要です。
(その映像も収録していますが、気分が悪くならないように注意してください)

その他、地震、マッシュルームについてなど
まずは最初にワールド紹介をすべき、と思いまして、
それを動画にしました。
参考にして頂けると嬉しいです。

ARK PS4 狩人の洞窟 11/15 NEW!!

Islandで最も簡単と言われる洞窟で、
狩人のアーティファクトを入手するまでの動画を用意しました。

初めての洞窟探検や疑似体験などにご利用頂けると嬉しいです。
よろしくお願いします。

寒さ と 暖かさ の基本情報 11/4 NEW!!

この記事でも何度も記述している
『洞窟は寒い』という基本的な情報ですが、
ここでは暖の取り方についての基本情報と、
経験を基にした工夫を記載していきます。

キャンプファイアは、暖を取るには手軽で、
燃料もシンプルということで寒い地域においても、
かなり重宝される基本アイテムです。

かがり火との違いをご存知でしょうか?
かがり火は肉こそ焼けないものの、燃焼効率が高いのです。
そのため、数本置いて、発火粉をパンパンに入れておくと、
めちゃくちゃ長い時間燃え続けるのです。

これは薄暗い洞窟の灯りや、
洞窟内の仮拠点の灯りに向いているとも言えます。

実はこの『洞窟内拠点』は、
暖を取るのにも効果的です。
風を防げますし、外敵からも身を守って、
態勢を整えるのには良いポイントになるのです。

また、 カレー Fria Curry は
食べると 体温 が高くなり、寒さに強くなります。

作り方:


麻酔薬×2
トウモロコシ×5
ニンジン×5
アズールベリー×20
メジョベリー×10

ただし、料理は放っておく腐るので、
保存を意識するか、洞窟攻略に合わせて作り、
食べることにしましょう!

参考にして頂けると嬉しいです。

狩人の洞窟 について

狩人の洞窟はIsland南部にある洞窟(80.54付近)にあります。
下の画像のチェックを付けている箇所です。

ARK 狩人の洞窟

この洞窟は非常に寒くて、
並みの装備ではすぐに凍えて低体温症、空腹で死亡するか、
スタミナ切れしてその隙に蛇 ティタノボア などの
素早いクリーチャーにやられてしまいます。

全身皮装備でも厳しい可能性があります。
というのも、皮よりも毛皮装備の方が高性能ですし、
防御力に関しても優秀です。

しかし、毛皮装備のまま 狩人の洞窟 の水に入ると、
余計に凍えてしまうでしょう。

ちなみに……。

この 狩人の洞窟 は、洞窟探検の練習には
かなり良いポイントと言えるでしょう。



洞窟 ってどんなとこ?

Ark Survival Evolvedの洞窟は多くの場合、
最初は狭い道が続き、
途中から開けた場所があるような、
まるでRPGの世界に入ったかのような
『冒険スポット』のような場所です。

洞窟の特徴としては、
・寒い
・毒を持った生物
・レアなアイテムがある
・レアアイテムを狙ったプレイヤーが度々来る

といったような場所です。

ここではます、『準備』と『攻略』に分けて
STEP別に情報をお伝えしていきます。

 

Ark Survival Evolved 洞窟 準備編

STEP1

・食べ物と装備を整える

洞窟はとにかく寒いことがほとんどです。
そのため、生半可な装備では、
すぐに凍えて、お腹が空いてしまってやられてしまいます。

鉄装備や革装備で防御と暖かさをアップさせてから、
洞窟に挑みましょう。

STEP2

・荷物の空きを作っておく

洞窟はレアアイテムが豊富です。
特に水晶のような貴重なアイテムは、
たくさん持って帰りたいところですが、
結構重たいアイテムでもあります。

ついつい、動けなくなってキルされないように、
荷物の空きには注意しておきましょう。

STEP3

・解毒アイテムは豊富に持っていく

洞窟の中はティタノボアやクモなど、
多くの毒を持った生物で溢れています。


そのため、スティムベリーや解毒薬を持っていき、
ダメージを喰らったらすぐに使用できるように、
アイテムスロットに入れておきましょう。

 

Ark Survival Evolved 洞窟 攻略編

STEP1

・狭い道だからこそクリアリング

 

狭い道だと、一見
これまで進んできた場所は安全だと勘違いしがちです。
実はクモはそこまで大きい生物ではありませんし、
薄暗い洞窟だと、見落とす可能性もあります。

また、PvPサーバーの場合、
プレイヤーも脅威となります。
レアアイテムを狙ったプレイヤー、
または洞窟を拠点にしているプレイヤーなど、
危険が多くあるので、注意しましょう。

 

STEP2

・弓矢、クロスボウを使おう

毒を持つ生物への有効手段としては、
毒を喰らわないように倒すことです。

特に、ソロで潜る場合、
一度気絶するとほぼやられてしまいます。
また、クモは糸を吐くので、ある程度距離を保つことが大事です。
仲間がタンクしている時は一気に剣で斬りつけても良いかも知れません。

 

STEP3

 

・引き際を心得る

 

ついつい、長居すると倒した蛇やクモがリスポーンします。
そのため、体力に余裕があるうちに退却することも大事です。

また、洞窟拠点を目指す場合は、
急いで、壁や天井を付けるとよいでしょう。

 

ARK ボス と オベリスク について

Ark Survival Evolved ボス と オベリスクについての
記事を用意しました。

Ark Survival Evolved ボス とは?

ARK において、エンドコンテンツのようなものです。
非常に強くて、攻略が大変なモンスターなのですが、
そういった情報も今後こちらの記事で発信していきます。

ARK ボス と オベリスク について【エンドコンテンツ】

参考にして頂けると嬉しいです。

ARK PS4 釣り紹介 動画作りました!

ARK PS4 釣り を紹介する動画を用意しました。
餌の付け方などを説明した記事も合わせて作りましたので、
そちらも合わせてどうぞよろしくお願いいたします。

ARK PS4 釣り紹介記事はこちらから

ARK イカダ 海賊船計画 動画作りました!

イカダを海賊船のようにする中で、
様々な情報をお伝えする動画の第一弾を用意しました。

参考にして頂けると嬉しいです。

ARK カストロイデス 巣 の動画を用意しました

ARK ビーバー でおなじみの カストロイデス の巣から、
大量のセメントを入手する様子を以て、
カストロイデスの巣についての情報をお伝えしています。

座標なども動画中にお伝えしていますので、
参考にして頂けると嬉しいです。

 

Ark Survival Evolved 冒険者のメモ書き

 

Ark Survival Evolvedの世界を冒険したい方、
または始めたばかりの方へおすすめの記事を用意しました。

・Scorched Earthってなに?

・トロオドンの毒対策が知りたい!

・テリジノサウルスどうしかして!

・洞窟、海底を冒険したい!

という方へ持ってこいの情報です。

Ark Survival Evolved 冒険者のメモ書き はこちら

 

ARK テイム 基本編動画を出しました

ARK テイムがまだよく知らない方へ向けた、
テイム 基本編動画をアップしました。

ドードーのテイムを通して、
全てのテイムに共通する解説を行っています。


参考にして頂けると嬉しいです。

セマフォの屋根裏部屋 独自インタビューはこちら

セマフォの屋根裏部屋では、
これまでにDead by Daylight、Portal Knights、
The Forest、Factorio、SCUM、Survive the Nightsなど、
多くのゲーム制作チームへのインタビューを独自に行ってきました。

非常に貴重なインタビューばかりですので、
読んで頂けると嬉しいです。

インタビュー一覧はこちらから