今週遊んだゲーム WEEKLY GAME REPORT【File.1】

 

毎週、屋根裏部屋管理人セマフォがプレイしたゲームについて、あれこれ語る記事「WEEKLY GAME REPORT」へようこそ。この記事ではゲーム紹介も行うが実際にどのようなゲームプレイをしたのか、というのを記述していく。ストーリーがあるものに関してはネタバレもあるため理解した上で読んで欲しい。

 

中世サンドボックス Life is Feudal: MMO

Life is Feudal MMO

こちらは人気の中世サンドボックスゲームのシリーズ最新作。「Life is Feudal: MMO」は従来のクラフトシステムに加え、今作の魅力である大規模サーバーによる大人数のプレイヤーとの関わり合いが特徴である。詳しいゲーム紹介や前作との比較はこちらの記事を読んで欲しい。

さて、今週Life is Feudal: MMOでは、スキルアップにほぼすべてのプレイ時間を費やした。というのも、上のリンク先の記事で伝えているのだがまともな施設や道具を作るには Nails(釘)が必要だ。しかし、Nailsを作るにはArtisan(職人)スキルを上げ、Smelting(製錬)スキルを解放した上で再び成長させ、Forging(製造)スキルを解放しなければならない。つまり、これはめちゃくちゃ大変なのだ。ひたすらスキル上げなければ基本的な家具、装備すら作ることがままならないため筆者はいまだに原始的な装いで生活している。

そのため、今週行ったスキル上げは海の近くでClay(粘土)とWalter(水)でUnfired Clay Tilesをクラフトし、Material Prepares(素材)スキルをひたすら上げていた。これはそんなに大変な作業ではなく、一、二時間ほどでSmeltingスキルを解放することができた。

問題はその後、Smeltingスキルをアップさせることにある。適したアイテムをクラフトしなければスキル値は上がらないため、まずはSmeltingスキルを上げるための環境を整えることから始まった。Furnace(炉)を建て金属と木材を入れて火を付け、炉の温度を上げることで鉄が溶けだす。ということを理解したのは実はついこの間であったため、今週のゲームプレイではSmeltingスキルを上げるに至らなかった。

ということで、続きは次回のWEEKLY GAME REPORTで報告する。

狩猟解禁!モンスターハンター ワールド

モンスターハンターワールド

モンスターハンターシリーズはそこまでプレイ経験が豊富な訳ではないものの、ベータ版プレイの際に手応えを感じ購入を決意。そして、発売日当日にプレイする予定だったが、自宅を数日離れていたため少し遅れてのプレイ。

筆者がモンハンワールドをプレイする頃には既にプレイヤーから好評であるという情報を得ていたため、ワクワクが止まらなかった。実際に従来のモンハンシリーズの特徴であるモッサリした操作感から他のアクションゲーム寄りのスムーズなものに変わっていた。また、アイテムを拾う際のアクションも良い感じに短く簡潔になっていた。そして、嬉しかったのは調合可能な素材が揃えば自動でアイテムを生成してくれることだ。回復薬とハチミツを入手すれば回復薬グレートを自動で生成してくれるため、前作まで面倒であったアイテム入手も今作では楽しいパートに変化した。これだけでゲームプレイは快適になっていると思う。それにクエストマップのエリア間の画面遷移がなくなったため、「狩猟感」が激増したように思う。つまりこれは個人的には大正解だと言える。

今週のゲームプレイでは、プケプケを狩猟しいくつかのクエストをクリア。そしていよいよゾラ・マグダラオスの捕獲クエストに。10年に一度、大陸に渡る古龍であるゾラ・マグダラオスとの初の対峙はどのようになるのか。次回のWEEKLY GAME REPORTでお伝えできれば、と思う。

今週のNEWS

今週のNEWSは筆者セマフォがIGN JAPANにて記事を掲載したことだ。
Iconoclastsレビュー、Life is Feudal: MMOのインプレッションの二つを執筆させて頂いたのだが、非常に良い経験になったし大きな転機となった。それについてはこちらの「表現と衝動」という連載記事を読んでもらいたい。

今後もセマフォの屋根裏部屋を拠点としてフリーライターとして成長していくため、ぜひともチェックしてもらえると嬉しい。

おすすめ記事