Escape the Pacific 5500㎢の超広大な大海原

 

スポンサー広告

Escape the Pacific イカダで島から島へ……!!

今やSteamストアだけでも溢れるほどある”サバイバルクラフト系”ゲームに新たな意欲作が登場する。「Escape the Pacific」はなんとストーリーモードにおいて5500㎢という”超広大な海とそこに点在する島々”を舞台にしたゲームなのだ。5500㎢というのがどれほど広大かと言うと、「Survive The Nights」のワールドが64㎢なのだからその規格外っぷりが分かる。

天候については実際の太平洋のデータを基にしたものであるという開発チームのGamers4Gamersであるが、さらにセーリングの技術についても取り入れているとしている。もちろん、水や食料が必要であり、キャンプファイアなどのサバイバルクラフト系ゲームにおけるベーシックな部分も備えている。

海を移動するにはイカダが必要なのだが、帆を張ることで風の力で移動できるようになる。また、イカダは分解、改造できるためより遠くに安全に移動するためにはより良い素材を集める必要が出てくるだろう。

Escape the Pacificの発売日は2018年2月24となっている。これについては現地時間であるため、興味のある人はSteamのウィッシュリストに入れて通知を待つことをおすすめする。

ライター/Semapho

おすすめ記事はこちら↓↓