Last Man Sitting 最後まで”座っていた”奴が優勝

 

スポンサー広告

Last Man Sitting 対戦相手を椅子ごと倒せるか

”バカゲー”という言葉は普段使わないようにしている。ジョークなのかどうか見誤るとシンプルに失礼なことになるし、こっ恥ずかしいこと不可避。そんな筆者であったが、思わずトレーラーを見て二やついたゲームがある。それが「Last Man Sitting」であり、ジョークの他あり得ない面白味がある。現在のLast Man Standing……つまり、バトルロワイアルブームへの皮肉も感じる紛れもない”バカゲー”である。

「Last Man Sitting」の発売予定日は2018年Earlyとなっているため続報が待たれる。

たくさんの男たちがオフィスの椅子に座っていて、その全員は黒いスーツに白い襟付きシャツを着ている。ただ、座って相手を突き落とすだけでは退屈であるが、ショットガンを持たせたら唯一のバトルロワイアルのレシピになる、とのこと。さらには物理演算も導入されており、引き金を引けば後ろに反動で移動してしまう。

Last Man Sitting

ジョークを踏まえた上でのコンセプトでありながらきっちりと笑って遊べるような狙いがあるようだ。さらには、サッカーモードやオフィスチェアレースモードなどの、なんだか「遊んだことがある」もしくは「その遊び知ってる!」という身近な遊び心をゲームにしている。筆者はこういったまさにインディーらしい遊び心に好感が持てる。

最大四人でのマルチプレイができるとのこと。画面分割対応なのでローカルで楽しめる設計のようだ。興味があれば今後の情報もチェックして頂けると嬉しい。

ライター/Semapho

おすすめ記事はこちら↓↓