Lucid Dream 夢と現実が混濁した世界にプレイヤーはコンタクトする

 

スポンサー広告

Lucid Dream 絶望でねじ曲がった世界へ

”ドット絵の2D~”のように手の込んだ温かみのあるゲームがSteamストアを始め、様々なプラットフォームでも人気となっており、”3Dゲーム”も”ドット絵”もゲーム制作において同じ選択肢であることが定着しているように思う。そして、今回ニュースでお伝えする「Lucid Dream」は”手描きのアートワーク”を採用している。これは以前にお伝えした「Apocalipsis」にも感じた非常に硬派な印象がある。

Lucid Dream

入り込む光とは対照的に室内には寂しさが漂う「Lucid Dream」

切望と哀しみにより超現実的な世界と夢が混ざり合った。プレイヤーはそこで少女ルーシーを苦しめる悪魔から救ってあげられるか?また、人間の最も深い窪みにいる生き物が夢見る世界で彼女の運命を探すことができるか?というメッセージが開発チームのDail Gamesから届いている。

横スクロールのアドベンチャーで、挑戦的なパズルがあるとされる。ユニークな生き物が住む世界の冒険の先に何があるのだろうか。

Lucid Dream

巨大な目玉を持つ謎の生き物がこちらを見ている「Lucid Dream」

Lucid Dream

巨人と思われる人物が時計を見つめている怪しい雰囲気

 

「Lucid Dream」の発売予定日は2018年3月となっている。続報が待たれるところだが、興味があればストアページをチェックしウィッシュリストに入れるのもおすすめする。

ライター/Semapho

インタビューとインディーゲームニュースが熱い……!

セマフォの屋根裏部屋では毎日インディーゲームニュースをお伝えしています。また、独自に行ったゲーム開発へのインタビューはここでしか読むことができない記事です。