Steel Arena Robot War 磨きをかけたロボットで戦場を制圧せよ

 

Steel Arena Robot War ロボットチーム戦が熱い!

ロボットには何らか言葉にできないロマンも含めて魅力がある。もちろん、「PLAYERUNKNOWN’SBATTLEGROUNDS」のように生身の人間がトップを目指して戦うことにも魅力はあるのだが、「機動戦士ガンダム」などのロボットアニメや「フロント・ミッション」シリーズに出てくるようなパイロットがしのぎを削る姿がかっこいい。「フロント・ミッション4」「フロント・ミッション5」は特にたくさん遊んだし、とても好きなタイトルとして心に刻まれている。

「Steel Arena Robot War」はそんなパイロットへの憧れを叶えてくれるかも知れない良いテイストの新作ゲームである。

Steel Arena Robot War

二足歩行ロボットから実弾兵器が飛び出すのはなんだかロマンを感じる。

筆者は上の画像のようにスタイリッシュすぎない機体はメカニカルな雰囲気がより感じやすい。実弾兵器で敵機を撃つというのも個人的には好きなアプローチだ。レーザーのようなものも悪くないが、鉄の塊が弾丸を撃つという若干のスチームパンク感が非常に良いのだ。

Steel Arena Robot Warの発売予定日は2018年3月12日である。

例えば上記した「FRONT MISSON」シリーズが好きなユーザー、特に「FRONT MISSON Evolved」に魅力を感じたプレイヤーならば一度ストアページをチェックしても良いだろう。または「ゼノギアス」やモバイルゲームの「World Robot War」をプレイ済みの方もきっと興味を持つのではないだろうか。

このゲームのモードとしては、”チーム戦”と”サバイバル”がアナウンスされている。また、機体と武器のアップグレードが可能であり、いくつかのタイプの敵が用意されている。しかし、ストアページには「シングルプレイヤー」のタグが付いているため、オンライン対応かどうかは定かではない。いずれにせよ、コツコツとプレイするのが好きなプレイヤーは一度ストアページをチェックしてもらえると嬉しい。

この記事が面白いと思った方はシェアよろしくお願いいたします。

ライター/Semapho Twitterフォローよろしくお願いします。

今、インディーゲームニュースが熱い……!

セマフォの屋根裏部屋では毎日、Indie Game NEWS をお伝えしています。

ヤクーツクの開発チームが生んだホラータクティカルFPS「DEAD DOZEN」開発チームインタビュー

「Fable」のLionhead Studiosで長年開発をしていた開発者による新作「Kynseed」の制作秘話インタビュー

SFバトルロワイアルこと「PROXIMA ROYALE」の開発チームへの行ったインタビュー

 

 

インタビュー 一覧 はこちらから