Moto Racing 3D モーターバイクでハードなコースをタイムアタック

 

スポンサー広告

Moto Racing 3D ポップなバイクゲーム。でもハードなコース!

カジュアルゲーム、という響きはなんだかすごく心地よいと感じている。なぜならば、そこにはインディーゲームの原点があるように思う。例えば「スーパーマリオブラザーズ」世代、またはそれら名作横スクロールアドベンチャーに影響を受けたディベロッパーが自分たちでなにかを作ってみようとする試みが筆者にとって美しいと感じるのだ。任天堂だって、カプコンだって、スクエアエニックスだって、2Dゲーム全盛期からの積み重ねでここまで来ている。情熱と継続によって全世界のゲーマーを興奮させる作品を作り続けている。そういった種がインディーゲームにはある。

2018年3月30日、キュートでポップな雰囲気のバイクゲームが登場する。「Moto Racing 3D」というゲームである。基本的に直線であり、勾配のあるコースを走り抜けるというとてもシンプルなアプローチながらも、こういったモータースポーツカルチャーが好きなディベロッパーなのだろう、と感じる作風に筆者はほっこりしている。

Moto Racing 3D

グラフィティやエクストリームなコースがなんだか良い雰囲気

コースは難易度が分かれており、それぞれベストレコードを狙って挑戦できるようだ。モータースポーツ感というよりも、以前お伝えした「PIPE」というBMXのゲームに近い雰囲気を持っている。

筆者はバイクが好きでよくバイクの雑誌を読んだりネットで色々なカスタマイズについて見たりする。なんだか、きっとディベロッパーはバイクが好きで、横スクロールではなく3Dで作ったのもバイクの造形美を少しでも見せたかったんじゃないかな、と思ったりもする。バイクに跨ってそのエンジンやマフラーの音を聞き、燃料の匂いを嗅いでいるような仲間意識を勝手に覚えてしまう。

でなければ、わざわざゲームでバイクをテーマに選んだりはしないだろう。

「Moto Racing 3D」の発売予定日は2018年3月30日である。

記事のシェアはこちらから

ライター/Semapho Twitterフォローよろしくお願いします。

毎日、ゲームニュースが熱い……!