Steam ゲームをもっと楽しむための2つの秘訣とゲーム体験

 

スポンサー広告

Steam 世界一の市場と交流が盛んな広場

自称”インディーゲーマー”という看板を掲げてしばらくになる訳だが、このウェブサイト「セマフォの屋根裏部屋」のゲーム開発チームインタビューの数々は読んでもらえただろうか。そして、開発チームインタビューからのメッセージは届いているだろうか。もし、届いているならそれはきっと素晴らしい出来事であると思う。なぜなら、あれらインタビューはポジティブかつ、インスタントな情報が氾濫した現状へのカウンターであるからだ。

Steam

Steamストアは毎日、新たなゲームがリリースされ無料、有料問わず多くのユーザーが面白いゲームを求めてインストールし、そのゲーム体験に刻んでいく。これまでに様々なゲーマーの言動を様々な形で知ることがあった。皆さんも周囲で……例えば、SNSでフォロワーがゲームに対する発言を行っているのを度々(もしくは毎日)見かけるのではないだろうか。

「あのゲーム面白い!」

「あのゲームクソだわ」

「あのゲーム……あそこがもっとアレだったら良いのに」

などなど、様々な意見がありそれらはゲーマーの生の声でもある。今回、ゲーム開発チームインタビューを20回以上行ってきた筆者が開発者に共通するユーザーへのメッセージを改めてお届けすることをテーマとした記事だ。また、それはSteamをはじめゲームにおける楽しみ方を増やす方法としてお伝えできれば、と思う。

秘訣.1 ユーザーのフィードバックがゲームを良いものにする

Steamストアには様々なゲームタイトルが揃っているが、メジャータイトル以外のゲームも非常に多く存在する(全体を見渡して恐らくメジャータイトル以外の方が多いだろう)。それらをまとめてインディーゲームと言ってしまうのは正しくない気もするのだが、そういった多くのゲームにはフォーラムやオフィシャルDiscordサーバーが存在している。

そして開発者たちは日々、フォーラムやDiscordでプレイヤーのフィードバックを待っている。

――「フィードバック」ってなんだ。

フィードバックは要望や感想、意見など……つまり、上記したSNSで多く見かけるゲームの感想や意見、要望のことだ。実はそれらプレイヤーの声というのは開発者にとっては宝物のような助言でもあるのだ(もちろん、言葉を選ぶ必要があるし喧嘩腰な態度はNG)。

これはこれまでの開発チームインタビュー全てで共通する開発者が望むことだ。

次のページへ

1 2