Dead by Daylight 2018 ROAD MAP 今年の”霧”の濃厚さが明らかに

 

スポンサー広告

Dead by Daylight 2018 ROAD MAP 霧の見通し

先日のエンブレムにおけるテストが開け「Dead by Daylight」はYear3に突入する。やはり大人気タイトルなだけあって、このアナウンスは多くのプレイヤーから注目されており既に多くのプレイヤーから待ち望む追加要素もあるように思う。

この記事では「Dead by Daylight」の2018年のROAD MAPアナウンスを翻訳したものである。ただし、全文ではなく重要と思われる部分をピックアップして記述していく。

Dead by Daylight 2018 ROAD MAP

――ローンチ以来「Dead by Daylight」は非常に長い道のりを歩んできました。我々は多くの新しいコンテンツを追加しました。8人の新しい生存者、新しい8人のキラー、11の新しいマップと8のロケーション。”Survive with Friend”モード、シーズンイベント、新たな言語などの多くの機能も追加してきました。我々は常にゲームを良くし、あなたたちに楽しんでもらえる新しい方法を考えてきました。

――Steamローンチから2年で多くの変更がありました。開発チームは立ち上げ当時30人ほどだったのが今では75人に成長しました。我々のコミュニティが常に成長しているのと同じように。参加して頂き本当にありがとうございます。あなたたちは貴重なフィードバックを提供し、我々は「Dead by Daylight」というゲームを作ることができました。私たちは何百万人ものプレイヤーが手に取ってくれるとは想像もしていませんでした。

――オンラインマルチプレイにおいては公平なものにするために毎日簡単ではありませんでしたが、献身的な熱意によって我々はそれに挑戦し、解決することができました。我々はさらに新鮮なコンテンツを作ることを中断しておらず、今後もあなたたちのゲーム体験を改善していきます。

――「Dead by Daylight」のサポートを今後も続けていく中で我々はさらにコミットしていけるか知りたいです。2018年6月で我々は2周年を迎えます。そしてこれはただの始まりであるということを信じています。

――Year3を始める上で、我々は目標と野望をあなたたちと共有しゲームにもたらしたい変化についてディスカッションしたいです。

Dead by Daylight 2018 ROAD MAP

――Year3(六月)から「Dead by Daylight」は新たな4つのチャプターを採用します。それは4人のキラーと4人の生存者、4つのマップを追加するということです。目標は常に皆さんを楽しませることと、ゲームバランスを保つための時間を別に保つことです。

――また、生存者とキラー側のアンロック方法を変えることにしました。6月にリリースされる新たなチャプターからは全てのライセンスのない生存者とキラーはプレイを通じてアンロックされていきます。つまり、プレイヤーはその新しいアンロック方法に従って遊ぶこともできれば、DLC購入で一気にアンロックできます。

――これに伴い”グローバルプレイヤーレベル”の進展を加えます。これについてはFAQを共有する予定です。

――ライセンスされたキャラクター(The Pig、Nightmare、The Cannibalなど)についても我々のオリジナルキャラクターと同様のサービスを提供したいと考えていますが、これは大きな変更であるためライセンスオーナーの承諾が必要です。我々は透明性を大事にしています。これについての返答は早くても長くかかっても構いません。またお知らせ致します。

――キャラクターの無料アンロックの後に多くの方が待ち望んでいた”コスメティックス(スキン)”の導入を始めていきます。これは将来の「Dead by Daylight」の野望を維持するためにも必要になります。

管理人セマフォ作 ハントレス

――それらスキンについては美的な要素で100%オプションとしてのものです。もっと多くの衣装をゲーム内で利用できるという考えに我々は本当に興奮しています。美術チームはあなたたちに作品のいくつかを見てもらうことを誇りに思っています。

――ランキングシステムはより興味深く楽しめる内容を提供できるように改訂される予定です。今後リーダーボードを追加します。シーズンリワードも用意します。

まとめ

・4人の新サバイバー追加
・4人の新キラー
・4つの新マップ
・ゲームプレイによるキャラクターアンロック(現状ライセンスなしのもの)
・新たなコスメティックス(スキン)はゲームプレイに影響は与えないものの、遊び心がある
・新たなランキングシステムとリワーディングプロセス
・アンチチートの強化
・チュートリアルモード導入
・ツールの見直し(追加?)
・バランス調整
・新しいシーズンイベント

以上、途中省略した箇所もあるが開発チームからのアナウンスを翻訳したものである。長文であるため、もしTwitterのフォロワーの方で英語が苦手な方がいればシェアしてお知らせしてもらえれば私も嬉しい。「Dead by Daylight」のプレイ経験の一つの参考になれば幸いだ。

記事のシェアはこちらから

ライター/Semapho Twitterフォローよろしくお願いします。

毎日、ゲームニュースが熱い……!