スーパーチャット について考える可能性と今後

 

スポンサー広告

YouTube スーパーチャット の可能性

スーパーチャットという単語がYouTubeユーザーに定着してどのくらい経つのだろうか。これまで広告収益というのがあまりにも簡単に自身のチャンネルの動画に組み込むことができたのが、少しずつ変化した結果、今ではチャンネル登録者1000人以上が必要となった。筆者が思うにこれはある程度正しい方向性であるとも思っている。なぜなら、広告というのはスポンサー……つまり「企業に広告を出してもらっている」ということを理解できているユーザーが非常に少ないと当時から今もずっと感じている。

セマフォの屋根裏部屋

私がそもそも変に思っているのはYouTubeだけでなく、様々な動画投稿サイト(サービス)における多数派の意識にある。企業の看板を背負ってお金を稼ぐことってもっと責任が伴って当然なはずなのに、むしろ広告が流れることを嫌っていたり、そもそも「企業に広告を出してもらっている」ということを理解できていないユーザーが圧倒的に多い印象がある。もちろん、理解しているユーザーもいるだろうが、正直なところそういった人に出会うことは稀である。

そういった意味でスーパーチャットというのはまだユーザーからストリーマーへ流れるお金として意思が間に入るため、ある意味真っすぐな応援の気持ちがお金という形で届けられているように思う。実際に私はゲームを通しての表現に携わっているフリーライターであるため、ゲーム実況におけるスーパーチャット事情には多く知るところである。

プロゲーマーの方の重要な収益にも繋がれば、ゲーム実況を生業としている人の貴重な収入にもなる。しかし、それを分かった上で若い世代の子たちを中心に危惧していることがある。それは「何に対して支払った(支払われた)お金なのか」ということを理解しているかどうかということだ。

というのも、お金は人を惹きつけていく。善意も悪意も動かせる。または動いた結果がお金だったりもする。お金を稼ぐ手段としてストリーミングを選択すること自体は否定しないが、私は稼ぐことよりも稼ぎ方を大事にしたいと思っているため、「何に支払われたか分からないお金」は受け取っていない。最近、よく見かけるのはスーパーチャットが支払われたこと自体が注目されて、エスカレートしている印象がある。

繰り返すようだがストリーマーにとっては貴重な収益なのだけれども、お金の支払いをわざわざ人様に見える形で飛び交わせるサービスになんだか不自然というか気味の悪さも感じてしまう。それってストリーマーがオフィシャルグッズみたいなのを作って販売する形で収益を上げるんじゃダメなの?って思ったりもする。個人的にはお金を誰かに支払うことが表現になっているようで何だか怖さを感じる。

いや、むしろ収益を上げるならわざわざYouTubeに仲介料を取られるのではなくグッズを販売した方が良いのではないだろうか?例えば以下のサービスならばすぐにグッズを作れるし、値段を設定出来たりもする。もちろん、一例に過ぎないがスーパーチャットはお金を支払うパフォーマンスなのか、ストリーマーを支援したいというファンの気持ちなのか、そういうところにずっと不自然が漂って仕方がない。

 

つまり、お金にしてもどんな考え方にしてもSNSやコメント欄にある集団が共有しているであろう意識や多数派の意見に委ねるのではなく、”一人”でどうするのか考えることが大事なのではないだろうかと心底思う。「あの有名配信者さんやそのコメント欄で〇〇って言っていたから」ではなく、自分の考えはどこにあるのかもっと考える機会があっても良いはず。お金の稼ぎ方や使い方の基礎をYouTubeのスーパーチャットで学ぶのは非常にリスキーであると思う。それらを理解した上で「この人のゲームプレイに3000円払いたい」というのであればそれは素晴らしいサポートになると思う。

私の経験上では健全なゲーム実況者はお金を支払うことを煽ったりしない(ジョークは別とする)。そもそも見に来てくれたりコメントをくれることがモチベーションに繋がっているはずだ。応援はお金だけではないし、お金を支払うことを競い合うカルチャーにならないようにどこかでネットリテラシーの重要さを訴える人がいても良いはずだろう。ということでこの記事を執筆している。

勘違いして欲しくないのはお金を稼ぐことは悪いことではないし、むしろ大切で素晴らしいこと。だけれども、なんだか最近のゲーム実況などのストリーミングカルチャーはお金を稼ぐことが先行して”稼ぎ方”が蔑ろにされている気がして仕方がない。というか、ゲームが好きでゲーム実況をしているのか。それとも稼ぐ方法としてゲーム実況をやっているのか。という微妙な考え方が存在するのは共感してもらえるだろうか。

個人的にはゲームが好きでゲーム実況をやっている人の方が好きなのだが、後者のような人がいても問題はないと思う。けれど、それってゲームじゃなくても良いのでは?というのも正直なところ。なぜなら、筆者は元々国内の大手ゲーム制作会社のスタッフであったこともあり、国内におけるゲーム開発者へのリスペクトがあまりにも足りていないことを危惧している。それについては以前、noteに記事を投稿したためそちらを読んで頂ければ嬉しい。

もっと、色々な考え方を表現したり、何かしら形にする人々が日本でもそろそろたくさん出てきてもよいはずだ。もとより日本のカルチャーは尖っていたり、素晴らしいものである。ただし、お金についての基礎はしっかり学んでおく必要はあると思う。「50000円スパチャした!」……けど、それって何に対して支払い、何が残るのか。そういうことを理解し、自分がどこへ向かうのか決めることができれば表現は実はもっと自由になると思っている。

私はこのウェブサイトに非常に多くのゲーム開発チームインタビューを掲載してきた。それにより、たった一人でも世界の最前線で戦うことができることを証明しているし、今後もそのつもりだ。この記事で発信する内容が少数派の意見であることは理解しているし、これを最後まで仮に読む人がいてもほとんどの場合考える機会とはならないだろう。人の意識はそんなに簡単に変わらない。そもそも変えるというより、今の自分が正しいのかどうか考える機会になれば良いのだがそんなに簡単ではないだろう。

あなたはお金の使い方、稼ぎ方にどのくらいの関心がありますか?

記事のシェアはこちらから

ライター/Semapho Twitterフォローよろしくお願いします。

毎日、ゲームニュースが熱い……!