Hunt showdown アップデート情報 最新情報取り扱い

Hunt showdown アップデート 情報は随時更新中

 

Hunt showdown アップデート

「Hunt showdown」のアップデート情報をお伝えしていきます。セマフォの屋根裏部屋はこれまでに「Dead by Daylight」「7Days to Die」「ARK Survival Evolved」のアップデート情報を掲載してきました。それらは検索エンジンTOPに表示されるなど実績があります。

・Dead by Daylight アップデート情報はこちら
・7Days to Die アップデート情報はこちら
・ARK Survival Evolved アップデート情報はこちら

セマフォの屋根裏部屋では毎日インディーゲームニュースをお伝えしています。TOPページのブックマークをよろしくお願いいたします。

セマフォの屋根裏部屋 Twitterフォローよろしくお願いします。

DENIX 古式銃 ダブルバレルピストル 1114【価格と在庫を確認】

HUNT Patch1.5 マッチングシステム改善とローディング時間短縮 6/6 NEW!!

新規プレイヤーが遊びやすくなるようにBloodlineランクでグループ分けしたマッチングシステムが導入。また、ローディング時間を短縮するなど、多くの変更点やバグ修正の情報はこちら。

HUNT Patch1情報を翻訳しました 5/15 NEW!!

『HUNT showdown』スコープや新Traitsの翻訳情報はこちらから。

『HUNT showdown』AIの変更点、BOSSの変更点などはこちらから。

HUNT showdown パフォーマンス パッチを翻訳 NEW!!

ローディングの改善やクラッシュ修正などのパフォーマンスパッチはこちらから。

サーバーアップデートなど 3/5、3/6 NEW!!

日々、サーバーアップデートなどが行われ数10分から数時間アクセスができないことがある。これは、まだ安定していないサーバーを良いものにするためのアップデートであると思われる。アーリーアクセス開始直後ということもあるため、このようなサーバーアップデートは繰り返され、次第に安定していくだろう。

v0.138 HOT FIX含む重要なアップデート 3/1 NEW!!

■概要

・プレイ中のバグやクラッシュを修正
・バックエンドの修正
・バイノーラルオーディオの修正(指向性に関する)
・オーディオはデフォルトでヘッドホンを選択する仕様に。スピーカーへの変更はメニューから可能に。

■詳細

・マッチング中の予期せぬ挙動(ALTとF4を押すことで)が発生し、クラッシュしてしまうバグ修正。これはローディング画面に対するゲーム側の認識の不具合でもあった。

・バックエンドの速度低下を修正し、クラッシュを修正

・エラーコード0x107D1の修正。フレンドを招待時に発生していた。

・アプローチ時にモデルが伸びてしまうグラフィックバグを修正

・ゲーム終了時のガンマ値が戻らないバグ修正

・ネットワークレイテンシ(遅延)が高すぎると飛び抜けてしまうバグを修正

ライター/Semapho

インディーゲームニュースを毎日配信中

 

 

 

 

DEAD DOZEN 対戦型マルチプレイ アクション・ホラーの新作

DEAD DOZEN 生存者とグール 生死によって陣営が変化する

 

DEAD DOZEN 倒されたら味方を喰い尽せ……!

対戦型のマルチプレイというのはいくつかの変化を続けながら新たな可能性を感じさせていく。例えば、「Dead by Daylight」なんて非対称の対戦型マルチプレイとしてSteam史上最も売れたソフトと言っても良いのではないだろうか。そして、「DEAD DOZEN」という前衛的な作品は「レインボーシックスシージ」のようなタクティカルな一面を持ちつつも、倒されたプレイヤーがグールとなりプレイヤー側を倒すという猟奇的な面も持ち合わせている。

「DEAD DOZEN」の特徴でもある、タクティカルな一面は”戦利品を集める”そして”バリケード設置”という2つのキーワードにあるように思う。つまり、単にプレイヤーがグールを倒すというものではなく、優位に進めるために戦利品を拾う、というアクションとバリケードを設置するというアクションが重要なパートになるのだろう。

グールはトレイラーからもスクリーンショットからも分かるが、屈強で恐ろしい姿をしている。恐らく、グールは武器を持たず攻撃してくるのだろうが、まだ未知な部分が多い。

DEAD DOZEN
屈強で恐ろしい出で立ちの”グール”「DEAD DOZEN」
DEAD DOZEN
1993年という設定。生存者側はグールの制圧を目指す。「DEAD DOZEN」

 

例えば、「レインボーシックスシージ」のように敵を制圧するという組織化された動きを求められるFPSが好きなユーザー、またはゾンビゲームファンにもこのようなテイストは好まれるかも知れない。

DEAD DOZEN

廃屋と薄暗さ、そしてグールという異形の存在がいるという雰囲気から非常に魅力的な作品と言えるだろう。銃のカスタマイズやその他のカスタマイズについては現在、分かっていないが今後の続報が期待できる。

DEAD DOZENは2018年3月7日発売予定(現地時間)である。

ライター/Semapho Twitterフォローよろしくお願いします。

今、インディーゲームニュースが熱い……!