Flapping over it 羽ばたき、日の差す明るい頂上へ向かえ!

 

ライター/Semapho

スポンサー広告

Flapping over it 『壺おじ』を飛び越えられるのか

『Flapping over it』は2017年、プレイヤーにトラウマと病みつきになるようなスパイスを与えた『Getting Over it』を彷彿とさせる新作だ。「壺おじ」のように鳥を操作し、羽ばたかせ頂上を目指すというゲーム性である。一度に羽ばたける回数や距離のようなものは決まっているようで、止まり木や立てる足場に着地すると再び羽ばたけるようになる。

上のトレイラーを観るだけで、その難易度や操作ミスによって最下部まで落下した際の悔しさが伝わってくるようだ。さながら『Getting Over it』が生んだあのムーブメントをなぞるようなゲームがどのようにゲーマーに影響を与えるかが今後注目である。

Getting Over it

頂上を目指すとこのように明るい背景になっていく

「Suffer(苦しみ)」というものを開発チームが打ち出しているように、非常に高い難易度が想像できる。カードパスにより、フレンドとレコードをシェアできる仕組みも取り入れている。もし、良いスコアを獲得できたら屋根裏部屋のTwitterかフォームで動画を送ってもらえたら嬉しい。

この記事のシェアはこちらから。

SemaphoのTwitterフォローよろしくお願いします。

コアなゲームニュースはこちらから読めます!