PROXIMA ROYALE UPDATE#3 舞台を彩る重要な建物など

 

PROXIMA ROYALE UPDATE#3

SFバトルロワイアルとして、当サイト「セマフォの屋根裏部屋」で開発チームインタビューを掲載した『PROXIMA ROYALE』は先週、UPDATE#3を公開し、そこには未来的な建造物と銃の画像が掲載されていた。まだまだこれから開発が進んでいく中、このように戦場を彩る建物が徐々に増えていくと楽しみが増えていく。筆者はクラウドファンディングで本作に出資し、先行プレイに参加している。そういった目線からも今回のアップデートをお伝えしていこう。

『PROXIMA ROYALE』はSFをテーマにしたバトルロワイアルゲームであり、現在は早期アクセスを前にしたテストビルドが行われている。クラウドファンディングにおいてバッカ―になったプレイヤーが参加している段階である。現在のバージョンでは、バトルロワイアルのルールに則って、他のプレイヤーを倒し、最後の一人になるという大テーマとなるゲームプレイ自体はおおよそ楽しめるものになっている。

そして、今回のアップデートで以下のようなマップを彩る建物が追加、変更された。

上の画像の他にもさらなるディテールがこちらのSteamストアのニュースページに紹介されている。

これまでの建物もそうだが、現代的な形容とは違い独特の雰囲気があり、ルートに関しても本作ならではの配置があったりする。そういった新鮮なゲーム体験が今後どのように発展していくのか気になるところである。また、建物のほかにも以下のような銃のディテールを紹介されている。

PROXIMA ROYALE UPDATE#3

メカニカルなデザインと色使いが近未来的なものであることが特徴である。今後のアップデートについてもそうだが、早期アクセス開始時期など分かり次第、当サイトでお知らせしていく。こちらの開発チームインタビューには本作の開発に至るまでの話を掲載しているため、ぜひ読んで頂きたい。

興味があればストアページをチェックしてみてはいかがだろう。

この記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら

屋根裏部屋のゲームニュースはこちらから