ARK Survival Evolved ダイアウルフ と マンモス テイム方法と運用法

 

ARK Survival Evolved ダイアウルフ & マンモス

2018年7月、新たなDLC『ARK EXTINCTION』がアナウンスされ、少し時間が経ち振り返ると『ARK Survival Evolved』というタイトルがゲーマーに与えた影響やゲーム体験というのは大きいものであると感じた。クラフト系のサバイバルゲームというのはそれこそ毎月のようにSteamストアにてリリースされるほど、不動の人気を誇るジャンルである。しかし、『ARK Survival Evolved』にように長く愛されるタイトルというのは珍しい。そして、当サイトでは今後もディープな情報をお伝えできれば……そう思い、今回の企画に至る。

今回の記事は動画配信主である「佐野ケタロウ」本人の「動画」と「解説」を基に、『ARK Survival Evolved』の情報をお伝えしていく。テーマとなるのは「ダイアウルフ」と「マンモス」である。Islandの北西部などに存在する本作の中でも人気の高い生物だ。先に述べておくと参考にする動画はTLC(恐竜アップデート)適応前のバージョンであることから若干、現在の仕様と異なるものの、現環境でも使える情報をお伝えする。

ダイアウルフ テイム と 運用

『ARK Survival Evolved』において、恐竜に騎乗するには基本的に「サドル」と呼ばれるアイテムが必要となる。しかし、ダイアウルフはサドルを必要とせず、そのまま騎乗できるという優秀な面を持っている。下の動画の前半はダイアウルフのテイムに関するシーンとなっている(後半はマンモスであるため、後述していく)。

まず、お伝えしたいのはテイムに関する情報である。上の動画ではトライブでダイアウルフを発見し、アルゲンタヴィスで捕獲している。トライブならではの有効的なテイム方法としてアルゲンタヴィスの足でテイム目標をつかまえて、空中を旋回すると、目標は無抵抗のまま狙いやすくなる。他のトライブメンバーは地上から麻酔弾(ライフルなど)やクロスボウの麻酔矢などで撃つことで「空中で昏睡状態」にできる。※公式PvEサーバーでは野生の生物は掴めない仕様

この方法で注意すべきなのはアルゲンタヴィスで捕獲できる生物、恐竜の大きさには限界があること。また、アルゲンタヴィスに弾が当たると当然ダメージが入ること。そして、捕獲する場所や周囲の野生の恐竜などに発見されていないか確認することも大事になってくる。また、多くの場合ダイアウルフは群れでいるため、一度に全てを相手にするのは厳しいことから、このようなアルゲンタヴィスで捕獲するという方法もおすすめできる点だろう。

ダイアウルフのテイムには「肉(生肉)」などを使用する。「カルノタウルスキブル」を使用することでテイムスピードが格段に上がる。霜降り肉をテイムに使用することもおすすめである(北西部の場合、海岸近くに巨大な恐竜も数体いることが多い)。ちなみに動画における10:20~はカイルクペンギンが登場している。そして、このカイルクペンギンは近くにいることで保温効果があり、寒冷地であっても体を温めてくれる。

ダイアウルフの運用法としては上述したが、サドルなしで騎乗できるためそのまま騎乗して移動することが可能である。その他の運用法や戦闘面においては後ほど「佐野ケタロウ」に伺っているため参考にして欲しい。

次のページではマンモスの情報も含めてお伝えしていく。

1 2