2018年上半期 ゲーム インタビュー 一覧 を紹介

 

2018年上半期 ゲーム インタビュー FPS作品、RPG期待作など

当サイト「セマフォの屋根裏部屋」は筆・Semapho(セマフォ)一人で運営している。日々、面白そうなゲームの情報を屋根裏部屋というフィルターを通してお伝えしているところである。毎日のゲームニュースはもちろん、インタビュー記事は全て独自性を第一としており、速報性で他のメディアに劣ることはあっても、屋根裏部屋ならではの情報を毎回詰め込むようにしている。この記事では2018年上半期に行った、ゲーム開発チームへのインタビュー一覧を記載していく。

2018年上半期 ゲーム インタビュー

PROXIMA ROYALE SFバトルロワイアル

『PROXIMA ROYALE』はSFをテーマにした、バトルロワイアルタイトルである。現在はまだテストビルドであるが、2018年リリースを予定しており、筆者もテストに参加しており、アップデート情報は毎回お伝えしている。

インタビューはこちらから

DEAD DOZEN 残念ながら開発終了したFPSタイトル

DEAD DOZEN

残念ながら開発が終了してしまったFPSタイトル『DEAD DOZEN』はグールとの駆け引きとシューター要素をミックスしたゲームプレイで注目されたものの、不具合が続出したことからユーザーを獲得できない状態が続いていた。しかし、リリース前には多くの日本人が注目しており、実は私が日本語担当していた。

インタビューはこちら

Kynseed 今度のサンドボックスRPGはお店経営も可

Kynseed

『Fable』の開発に携わっていた開発チームによる新たなサンドボックスRPG『Kynseed』は海外を中心に人気。ストーリーや会話イベントが豊富であるため、日本語対応することでクエストなども分かりやすく楽しめるだろう。現在はテスト期間である。

インタビューはこちら

Ready or Not リアル指向のハードコアFPSタイトル

Ready Or Not

実際の「S.W.A.T.」と協力し、現在開発を行っている戦術や銃のディテールなどリアルなFPSタイトルとして注目されている『Ready or Not』開発チームへのインタビュー。本作ではパブリッシングに対する可能性を思わせる内容も含んでいる。

インタビューはこちら

GTFO 「Complex」と呼ばれる施設に潜入し、ミッション達成を目指す

GTFO

『GTFO』はCo-op対応の探索型シューター作品であり、ホラーテイストやミッション達成などの目標が存在する2018年のFPS期待作。コンプレックス(The Complex)と呼ばれる不気味な施設の謎や、そこにいる”モンスター”についてはリリース後、徐々に明らかになるという。

インタビューはこちら

Moonlighter 2018年上半期 Steamストアにとって注目されたRPGタイトル

Steamストアに登場以降、売り上げ上位をキープし、高いユーザーレビューを獲得したローグライクRPGタイトル。このインタビューでは、ニンテンドースイッチ版リリースについても言及している。

インタビューはこちら

World War 3 「Warzone」と「Recon」どちらのモードでも戦況に影響を及ぼす

World War 3

第三次世界大戦をテーマに描く新たなFPSタイトル。「Warzone」と「Recon」という二つのゲームモードはバトルロワイアルファンのゲーマーへもリーチする期待作。

インタビューはこちら

さらなるインタビューが続々登場予定……!

上半期も多くの期待作、人気作品へのインタビューを公開してきたが、下半期も続々とインタビューの掲載が決まっている。この記事ではまだ具体的なタイトルを述べることはできないが、恐らく当サイトの読者が知っているタイトルやまだ詳細が明らかになっていない期待作などのインタビューを掲載していく。

それらの最新情報についてはTwitterをフォローしてもらえると分かりやすいだろう。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら

屋根裏部屋のゲームニュースはこちらから