Fear The Wolves チェルノブイリ原発事故環境下のバトルロワイアル

 

Fear The Wolves 過酷な環境で最後の一人を目指せ

多くのコアゲーマーが夢中になる『S.T.A.L.K.E.R.』シリーズの開発に関わったチームによる新作『Fear The Wolves』がいよいよ、来週リリースされる。本作はチェルノブイリ原発事故によって放射性物質が拡散された環境下でのバトルロワイアル作品となっている。しかし、どうやら、今後そのゲームモード以外にも実装されるものがあるようだ。

『Fear The Wolves』は上述したように、『S.T.A.L.K.E.R.』シリーズの開発に参加していたチームによる新たなバトルロワイアルゲームである。上のトレーラーを観て分かるように、独特の雰囲気が漂っており、狼以外にもミュータントといった存在が登場することも示唆されている。

ゲームプレイとしてはラストマンスタンディングをかけて、ひたすら撃ち合うのではなく、脱出が目標というのが特徴ではないだろうか。生存者を回収しに来たヘリコプターに乗ることが出来れば勝利、というようだ。つまり、他のプレイヤーを殲滅していけば確かに確実なのだが、そこには狼やミュータントも存在し、滞在すること自体にリスクがあると考えられる。そのため、敵プレイヤーよりも早くヘリコプターへと向かうことも大事になってくるだろう。

Fear The Wolves

Fear The Wolves Fear The Wolves

『Fear The Wolves』の発売予定日は2018年7月19日となっている。例えば『Escape From Tarkov』にも通ずる世界観があり、こういったスリルと静寂が織り交ざった雰囲気が好きなゲーマーには楽しめるかも知れない。もちろん、『PUBG』や『Fortnite』など従来のバトルロワイアルゲーム、または『Hunt Showdown』のようなPvPvEといった構図にも通ずる要素がある。興味があればストアページをチェックしてみてはいかがだろう。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら

屋根裏部屋のゲームニュースはこちらから