ARK Survival Evolved 賢者の洞窟 注意点と攻略方法

 

ARK Survival Evolved 賢者の洞窟

当サイト、「セマフォの屋根裏部屋」において、『ARK Survival Evolved』の動画配信主、実況主と協力して情報をお伝えしていく企画、「ARK Journal」今回のテーマは「賢者の洞窟」である。洞窟は本作の冒険の革新に迫ると言っても過言ではないだろう。洞窟によっては難易度が高く、特定の恐竜(水棲恐竜)でなければ攻略が困難な場所をもある。今回、お伝えする「賢者の洞窟」は、その中でも難易度は低いとされるものの、内部の恐竜や生物は侮ることはできない。この記事では、攻略する際のポイントを動画配信主・佐野ケタロウ 本人の「動画」と「解説」を交えて紹介していく。

ARK Survival Evolved 賢者の洞窟 メガロサウルス

まず、『ARK Survival Evolved』を始めたばかりのプレイヤーに向けて説明すると、本作には地上とは異なる生物、恐竜が生息する洞窟が存在する。洞窟には、アーティファクトと呼ばれる、キーアイテムが存在する(ボス召喚に必要)。また、洞窟は極端に暑かったり、寒かったり、有毒ガスが発生するなど環境面での危険も非常に高い。そんな、洞窟がマップ「Island」だけでも多数あり、その中の一つが今回テーマとして取り上げる「賢者」の名前を持つ洞窟ということだ。また、「賢者の洞窟」に登場する生物は他の洞窟でも登場するため、対策としては共通しているものもあるため、参考になれば幸いだ。

「賢者の洞窟」はIslandのマップの中央近くにあり、外には肉食恐竜が多くいるため注意が必要となる。そのため、動画ではアルゲンタヴィスによって、高度を上げて飛行し、戦闘を避けて洞窟まで向かっている。詳細な位置情報については、後ほど配信主本人にインタビューを行っている。「賢者の洞窟」の特徴としては、気温が低いことと、内部に気絶攻撃をしてくる生物が多くいるということだ。そのため、革装備、または毛皮装備があれば体温調節には便利である。ただし、「賢者の洞窟」は他の厳しい洞窟と比べると、まだ寒さに関しては易しい方だ。そのため、被ダメージを下げるために、金属装備を組み合わせることも場合によっては良いだろう。気絶対策としては、スティムベリーや興奮剤を持っていくことをおすすめする。特に、ソロプレイヤーの場合はスロットにセットしておいて、常に使える状況にしておくと安心だろう。また、おすすめアイテムとして「防虫剤」を挙げられる。これは、敵対されるような行動をとらない限り、虫系統の生物から攻撃されることを防ぐ効果がある。

「賢者の洞窟」のアーティファクトまでの道のりは決して長くはない。しかし、生物の量と危険性から、実際の距離よりも長く感じられるものと思われる。動画ではトライブで攻略しているが、ソロプレイヤーの場合、恐竜を連れて行くと良いだろう。下の動画は洞窟に入るシーンから始まる。

上のシーン、冒頭で「ギガノトサウルス」と言っているのは、後に本人が訂正している通り、「メガロサウルス」の誤りである。「賢者の洞窟」にはメガロサウルスという、夜間になると驚異的な戦闘力を誇る恐竜が存在する。そのテイムを目的ともしていたようだが、今回の動画でメガロサウルスをテイムする機会はなかった。

次のページでは、「賢者の洞窟」に存在する生物の対策と道中の危険について配信主の解説を交えながら紹介していく。



1 2