Dead by Daylight スマートな着地 配信主が解説するチェイス術

 

スポンサー広告

Dead by Daylight スマートな着地 で長時間チェイスを有利にする

毎回『Dead by Daylight』配信(実況)主、に立ち回りなどの解説を訊く、「CLUB・メメントモリ」では今回、パーク「スマートな着地」にフォーカスした内容をお届けしていく。そして、解説を行っていただくのは配信主のいっしょうさんである。チェイスに困っている初心者向けの「スマートな着地」を利用したチェイス術を解説してもらうことができた。記事の後半では本人への質問も行っているため参考にしていただければ幸いだ。なお、死に救済はない。

Dead by Daylight スマートな着地

スマートな着地 について

まず、動画を交えて「スマートな着地」というパークについて紹介していこう。「スマートな着地」はサバイバーのネア・カールソンの固有パークである。効果は高所から飛び降りた際の硬直時間を75%減少させる。さらに、3秒間150%の速度で移動できる。パークのレア度によってクールタイムが変わってくる(レア度に応じて、60/50/40秒)。解説は下の動画でも行われているため参考にして頂きたい。

 

つまり、「スマートな着地」は2階の窓やバルコニーから飛び降りた際に、スピードを失うことなく移動できるということになる。例えば、チェイスの際に窓枠や板を使うことが基本だが、それら以外にもキラーとの距離を離すことができる行動が増えることをこの動画では紹介していることになる。では、具体的な使いどころなどを紹介していこう。

その他に、いっしょうさんが動画中で付けているパークの構成は「素早く静かに」「私と踊ろう」「身軽」となっている。動画中でも語られているのだが、チェイスを考慮した上で活躍するパークは「全力疾走」も挙げられる。ただし、今回のパーク構成を見ていくと、オブジェクトを利用したり、高低差を利用したものとなっていることが分かる。

Dead by Daylight スマートな着地

「素早く静かに」は窓枠、板などを飛び越えた際の物音を抑えてくれる。これは、キラーに物音で居場所や方向を感じさせない立ち回りに便利なパークだ。そして、「私と踊ろう」はその窓枠などを飛び越えた際に3秒間足跡を残さないという効果がある。キラー側はサバイバーが走った後の痕跡を辿ることも非常に重要だ。逆を言えば、この走った痕跡を残さないというだけで、キラーはサバイバーを追いにくくなるということになる。さらに「身軽」は走った際の痕跡が残る時間を3秒間短縮させる効果を持っている。

これらパーク構成から挙げられる一つのチェイス例は、「高所から飛び降りる」→「スマートな着地でスピードアップ」→「私と踊ろうで足跡を消す」→「身軽でさらに足跡はすぐに消える」→「足跡を消している間にキラーの視認範囲から去る」という流れが綺麗に決まるとキラーとしては非常にやりづらくなる。

次のページでは、実際のチェイスの流れを動画から紐解いていく。

1 2