Dead by Daylight 2.2.1 Hotfix アップデート情報

 

スポンサー広告

Dead by Daylight Patch note 2.2.1 Hotfix

2018年9月27日に適応された、『Dead by Daylight』のHotfixについて、こちらの記事で翻訳した情報をお伝えしていく。今回のHotfixでは前回、予告された内容が追加されるなど、抑えておきたい情報がいくつかある。参考にしていただければ幸いである。

Dead by Daylight 2.2.1 Hotfix

Hotfix 2.2.1

・ポーランドのコミュニティ翻訳の統一

■バランス調整
・「ハントレス」の手斧ヒットボックスの削除(追加以前の仕様に戻る)。
・「スピリット」のパワーのチャージタイムを20秒から15秒に短縮(フェーズウォークと思われる)。

■不具合修正
・「スピリット」がフラッシュライト(懐中電灯)で瞬時に目がくらんでいた不具合を修正。
・パレット(板)がキラーにヒットしても、ひるむことなく、ただ押されてしまっていた不具合を修正。
・Loadoutで「シェイプ」を選択しても、「Halloween」の音楽が流れない不具合を修正。
・ハグトラップ発生に関する不具合を修正。
・「クラウン」のアドオン「VHS Porn」と「Inner Soles」を組み合わせ際、速度が一貫して向上する不具合を修正。
・「スピリット」のアドオン「開運のお守り」と「勝守のお守り」を組み合わせ際に、パーク「山岡の祟り」のクールダウンを軽減する不具合を修正。
・「スピリット」と「アダム」のパーク説明文がフランス語にフォーマットされてしまう不具合を修正。
・ハグの「貪られる希望」がサバイバーの行動によって予期せぬ形でトークンを得る不具合修正。
・クライアント側のキラー「スピリット」でフレンドを倒すと「山岡の祟り」ん効果が長くなる不具合修正。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら

屋根裏部屋のゲームニュースはこちらから