CardLife Cardboard Survival 温かみのある、ダンボールマインクラフト

 

スポンサー広告

CardLife Cardboard Survival 自分の描いたキャラクターでサバイバル

クラフト系のサバイバルゲームは多くのゲーマーにプレイされ、特にゾンビが登場するサバイバルは一時期、ブームと言えるほどにリリースされていた。現在、そのブームを経て、様々なコンセプトを持つクラフト系ゲームが登場するようになった。例えば、今回紹介する『Cardlife: Cardboard Survival』は世界を構成するもの全てが「ダンボール」というユニークなゲームなのだ。

『Cardlife: Cardboard Survival』はインディー開発 Freejamが開発、販売を行う。本作はトレーラーからも、そのユニークな世界観が見えてくるだろう。

システムと特徴について

『Cardlife: Cardboard Survival』の特徴はプレイアブルキャラクターにある。プレイヤーが自分で描いたキャラクターを実際に動かすことができるようだ。キャラクターは、頭部だけでなく、足や胴体などいくつかのパーツに分かれており、それぞれオリジナルのデザインが可能となっている。

Carlife Cardboard Survival

ダンボールに自分でキャラクターを描くことができる

また、やはり気になるのは、どういったサバイバルになるか、だろう。トレーラー、またはストリーマーによる先行プレイの映像を観てみると、『マインクラフト』に共通するゲームプレイが多くあるようにも感じた。ただし、大きく違う点の一つとしては、(内部の設定は定かでないが)『マインクラフト』のようなボクセルワールドではないということだ。例えば、花や木もダンボールでできているのだが、それらにダメージを与えると、徐々に削れていったり、壊れていったりする。

冒険や探索についても、キュートな見た目でありながら、シビアさも持っているように感じた。例えば、危険なクリーチャーが出てくるような地帯に向かえば、当然冒険のリスクは高まる。このあたりは、『ARK: Survival Evolved』や『PixARK』に似た、ゲームプレイを感じた。

Carlife: Cardboard Survival

巨大なカニが目の前に。当然、彼らもダンボールでできている。

その他にも以下のような多くのシステムが紹介されている。

・農業
・クッキング(料理)
・ダンジョン
・クリーチャーマウンテン
・PvEサーバー
・罠や防御機能を備えた建物の攻略
・行ったことのあるポイントが地図に記載される
・自然災害
・メックや飛行機を含む、陸上と海上の乗り物
・ブロック、パリー、パワー攻撃などの戦闘アクション
・その他

Carlife: Cardboard Survival

ミノタウロスだろうか。恐ろしいクリーチャーも登場する。

発売日とプラットフォームについて

『Cardlife: Cardboard Survival』は2018年10月9日、Steamにて早期アクセス開始予定である。PS4、Xbox Oneなど、その他のプラットフォームについては現在のところリリースの予定はない。しかし、オフィシャルサイトのF.A.Qを読んでみると、今後の開発状況や売れ行きによって、それらは検討されるものと思われる(関連リンク)。

興味があればページ下部のストアページをチェックしてみてはいかがだろう。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら

屋根裏部屋のゲームニュースはこちらから