Dead by Daylight PTB 2.3.0 パッチノート 日本語翻訳

 

スポンサー広告

Dead by Daylight PTB 2.3.0 アップデート予定のコンテンツ

『Dead by Daylight』のPlayer Test Build(PTB)2.3.0のパッチノートが公開された。こちらは非常に多くの変更点や改善点などを含む内容となっているが、あくまでテストビルドであるため、全てがライブサーバーに適応されることを前提とはしていない。その点を留意して、読んで頂ければ幸いである。

セマフォの屋根裏部屋による、配信主に訊く『Dead by Daylight』の立ち回り解説企画にてお馴染みの、もろこしさんが今回のPTB 2.3.0のパッチノートを解説した動画を公開している。こちらの記事と合わせて観ると理解度が進むと思われる。

特徴とコンテンツ

・サバイバー、キラー両方の画面で装備しているアドオンが表示する、HUDが追加。
・ゲームの一時停止画面が追加されオファリングが確認できるように。
・イベント限定のアイテムやオファリングなどにレアリティを追加。
・ログインプロセスをタイトル画面に追加。

バランス調整

・オファリング「新月の花束」、「満月の花束」を無効に。
・Bloodwebレベル2、3、4でパークが解除できるように。
・窓枠を飛び越える判定の調整。少なくとも2.5メートルの距離、窓にむかって真っすぐ走る必要がある。
・窓枠を超える際のテキストを変更。
・キラー「スピリット」のフェイズウォークのサウンドを調整。「スピリット」の心音半径にいる、サバイバーはフェイズウォークの発動時のサウンドが聞こえなくなった。心音半径の外にいるサバイバーはその効果音は聞こえるものの、その方向までは特定できない。
・サバイバーがキラーの隣にスポーンする可能性を減らすために、スポーンルールを変更。
・サバイバーを吊る際の時間が2秒から1.5秒に変更。また、フックする際のアニメーションをアップデート。

マップ変更点

・フックの数がランダムではなくなった(これまでは最大数と最小数がマッチによってランダムで決まっていた)。
・フックは少なくとも互いに24メートル離れた位置でスポーンするように(これまでは近すぎる場合があった)。
・このフックの調整によって、フック数に影響するオファリング「~の樫の木」の効果も調整。
・パレット(板)は少なくとも互いに16メートル離れた場所にスポーンするように。
・偏ったフックの生成にならないように、様々な場所にスポーンするように調整。
→フックが集中して生成されることが多かったため、分散させている。
・丘の上のトーテムが見えづらくなった。

特定のマップの変更点

・「ギデオン食肉工場」のパレット(板)の位置を調整して見えやすく調整(可視性の向上)。
・「ギデオン食肉工場」の一番下の階に新たなコーナータイル(場所や空間)が追加される。
・「ギデオン食肉工場」にパレット(板)が最低15個設置されるように。
・「ハドンフィールド」の低いフェンスに穴を開けるように変更。高いフェンスは飛び越えできない。
・「レリー記念研究所」の治療室の窓枠が同時に二つ生成されないように変更。
・「コールドウィンドファーム(農場)」の特定の木がある壁が低くなった(獣かなにかの死骸が置いてある箇所?)。
・「ペイルローズ難破船」のマップを狭くした。
・「おぞましい貯蔵庫」のマップを狭くした。

Dead by Daylight PTB 2.3.0



フラッシュライト変更点

・各キラーのターゲットゾーンに一貫性を持たせる改善。
・サバイバーがフラッシュライトで目くらましに成功した際のエフェクトを分かりやすく改善。
・キラーがフラッシュライトで目くらまし状態になった際の画面が真っ白にならないように調整。

治療変更点

・治療に必要な時間を12秒から16秒に増加。
・重症時のステータス効果を25%から20%へ減少。
・重傷時の回復に必要な時間を16秒から20秒に増加。
・医療キットなどの回復アドオンを12チャージから16チャージへ増加。
・ダウン時のリカバー(自分を治療)する際の上限が85%から95%へ上昇。
・ダウン時のリカバースピードが40%から50%へ上昇。95%回復するまでに30.4秒必要。以前までは85%回復するまでに25.5%必要だった。

サボタージュ変更点

・工具箱: ツールボックスを使用した際の効率ペナルティを削除。以前までは1秒間に3チャージ消費していたが、「サボタージュ」を使用して破壊したフックは再生するようになったことから、工具箱のチャージ消費を削除することに。

・「サボタージュ」でフック、トラップを破壊した際の再生までの時間をレアリティに応じて、40/50/60秒となるように変更。

エンブレム変更点

・「信仰する心」: 全てのサバイバーを最低一回、フックすることでブロンズエンブレムを獲得できるように。

・「追跡者」: フックしたサバイバーの16メートル以内に滞在していると、このエンブレムのクオリティがどんどん低下するように。

サバイバー パーク変更点

・「警戒」……発動範囲とクールタイムを削除。効果時間を3/4/5に変更。
・「絆」……レベル1、2の効果範囲が上昇。現在は仲間が20/28/36メートル以内にいると分かるように。
・「鋼の意志」……レベル1、2から負傷時の声のボリュームが減少されるように。ボリューム減少値は、50%/75%/100%となっている。
・「植物学の知識」……治療速度の上昇が10%/15%/20%だったのが、14%/23%/33%に上方修正。
・「唯一の生存者」……全てのレベルで、キラーからオーラを見られなくなる範囲の増加。効果発動中は画面にエフェクトが表示される。
・「リーダー」、「不寝番」、「都会の生存術」……このパークを所持した仲間の効果範囲に入ると、範囲外に行った後も15秒間効果が継続して発動するように。

キラー パーク変更点

・「呪術: 誰も死から逃れられない」……効果が発動すると、全てのパークレベルで一撃ダウン(這いずり状態に)できるように。効果発動中、移動速度が3%/4%/4%/から、2%/3%/4%へ下方調整。

・「選択は君次第だ」……全てのパークレベルでフック救助位置が、32メートル以上離れていると効果発動。一撃ダウン効果が40/50/60秒に。

・「猛獣」……”血の渇望(チェイス継続による速度ボーナス)”の効果が消滅するまで、効果が継続されるように(視線隠しが継続)。「狩猟」カテゴリのブラッドポイントの獲得量が30%/40%/50%アップ。

次のページではバグ修正内容について紹介する。

 

1 2