Kynseed 世代交代が特徴のサンドボックスRPG期待作がいよいよ登場

 

Kynseed サンドボックスRPG期待作

サンドボックスRPG『Kynseed』がいよいよ、2018年11月8日に早期アクセス開始することがアナウンスされた。本作は農業、鍛冶、村人との交流など高い自由度が期待される作品である。開発チーム、PixelCount Studiosは、海外で高い人気を誇る『Fable』シリーズのスタッフが立ち上げた新たな開発スタジオである。

Kynseed

鍛冶屋では必要素材を消費することでツールや武器がクラフトできる。

Kynseed

マップはすでに様々な家屋、洞窟が用意されており冒険の舞台が整っている。

筆者はクラウドファンディングで開発チームのBacker(支援者)となったことから、すでにプレイ済みである。そして、当サイト「セマフォの屋根裏部屋」では、開発チームへのインタビューも行っている(関連記事)。ただし、まだまだこれから開発は進むため、現在の仕様が今後変化することも当然あるだろう。現時点でのゲームを遊んだ感覚としては、デイリークエストやメインクエストが複数用意されており、それらを達成する楽しみがある。ただし、まだまだ開発中のタイトルであることから、アイテムの使いづらさや機能していない要素もあり、全体像を語れるほど成熟はしていないという印象もある。だからこそ、今回の早期アクセス開始アナウンスは期待が持てる。現時点で日本語対応のアナウンスはされていないものの、日本人プレイヤーからの要望は当然受け付けている。オフィシャルDiscordサーバーでも質問などは受け付けているため、利用してみてはどうだろう。

 

Kynseed

『Kynseed』は上述したように、2018年11月8日に早期アクセス開始予定である。興味があればストアページをチェックでぃてみてはいかがだろう。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら