キングダムハーツ3 パイレーツ・オブ・カリビアン ワールドの展開予想

 

キングダムハーツⅢ パイレーツ・オブ・カリビアン における冒険

『キングダムハーツ Ⅲ』はスクウェア・エニックスとディズニーがタッグを組んだアクションRPGである。初代『キングダムハーツ』から注目されているのは、ディズニー映画で登場したキャラクターが登場し、その世界を、主人公ソラ一行が冒険できるという点だ。本稿は、『キングダムハーツⅢ』に登場することが判明している、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』におけるストーリー展開を予想するものである。もちろん、あくまでも「予想」であるため、その点を留意していただきたい。

キングダムハーツ3

実写のような仕上がりの「ジャック・スパロウ」

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズは、大航海時代において、ジョニー・デップ演じる、伝説の海賊「ジャック・スパロウ」が鍛冶職人の「ウィル・ターナー」、海軍総督を父に持つ「エリザベス・スワン」らと、身分の違いを超えて巨大な勢力と戦うというものである。『キングダムハーツⅡ』では、舞台となる「ザ・カリビアン」に一度訪れている。それでは、『キングダムハーツⅢ』ではどのような展開が予想できるだろうか。

ここに注目!スクリーンショットで分かる?展開とは。

以下は映画のネタバレも含むため、注意してほしい。まずは、以下のスクリーンショットをご覧頂きたい。

左の人物が「ウィル・ターナー(以下、ウィル)」で、右の人物が「キャプテン・バルボッサ(以下、バルボッサ)」である。元々、バルボッサはジャックや、ウィルたちと敵対関係にあったのだが、このように並んでなにかを見つめている。実は、映画でも同様の展開を迎えており、『キングダムハーツⅢ』でもストーリーの展開が予想できそうなのだ。

映画・第2作『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェスト』の最後に、ジャック・スパロウはクラーケンに飲み込まれて死亡してしまう。そして、ジャック・スパロウの生き返らせるために、一行は世界の果てに向かうことを決めるのだが、そこで第1作に敵として登場した、バルボッサが船を導くために仲間になるのだ。そして、映画・第3作『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』では、ジャック・スパロウを救出する、という話の流れなのだが、その展開を中心に『キングダムハーツⅢ』では描くのではないだろうかと筆者は予想する。

キングダムハーツⅢ ソラ 海賊

船の甲板に立っているのだろうか。海賊姿で得意げのソラ。

注目すべきは本作で、幽霊船「フライング・ダッチマン号」の船長であり、7つの海の超自然の統治者、「デイヴィ・ジョーンズ」との戦闘があるのか、という点だ。仮にソラと、デイヴィ・ジョーンズが闘うとするのなら、どのような戦闘になるのだろうか。以下、いくつか『キングダムハーツⅢ』ならではの展開を予想してみた。

・キーブレードの力がデイヴィ・ジョーンズに通じる
→キーブレードと映画の設定に関係性を持たせた方が、なぜ「ザ・カリビアン」に訪れたのか?というストーリー展開においても自然であるため。

・デイヴィ・ジョーンズを倒すまでの展開は描かれない可能性
→もし、ソラがデイヴィ・ジョーンズを倒してしまったら、ウィルのその後の展開が映画に沿わないため。

・クラーケンとの戦いがある可能性
→本来、三作目にはあまり登場しないクラーケンだが、ファンタジー作品としては魅力的な登場モンスターであるため、ジャック・スパロウの救出までにクラーケンと戦うという展開があっても面白そうだ。

・ワールドの決着は「デイヴィ・ジョーンズ・ロッカー」である可能性
→『パイレーツ・オブ・カリビアン』だけでなく、大航海時代における象徴的な場所であることから、決着の場所として非常に魅力的である。

・『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』は描かれない。
→これは単純にウィルやエリザベスが登場していることから予想できる。

キングダムハーツ3 パイレーツ・オブ・カリビアン

ソラがジャック・スパロウのような衣装にチェンジ!グーフィーとドナルドは船員のような恰好になっているぞ。

ジャック・スパロウの見せ場はあるのか。

もし、物語の展開が上述した通りであった場合、気になるのはジャック・スパロウの見せ場である。もしかすると、冒頭にクラーケンとの戦いが描かれる可能性もある。さらに予想した通りに、ソラとデイヴィ・ジョーンズとの戦いが描かれる場合、ジャック・スパロウと共闘する可能性は高いだろう。さらに、ウィルも一緒に戦うかも知れない。そうすると、あの陽気なキャラクターで、決めるところは決めるカッコよさが『キングダムハーツⅢ』でも見られるかも知れない。『キングダムハーツⅢ』は2019年1月25日発売予定である(公式サイト)。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら