Summer in Mara 常夏の島でリラックス!キュートなクラフトアドベンチャー

 

Summer in Mara 農業、クラフト、工芸要素が詰まったアドベンチャー

『Summer in Mara』はChibigが開発中のアドベンチャーゲームである。本作は常夏の島を舞台にしており、プレイヤーはKoaという女の子を操作し、島民と交流していくというものだ。また、島では、農業やクラフトが可能で、島に潜む謎を解き明かしていく。登場キャラクターは20人を超えるのだが、最初から全ての人々が主人公に良く思っているわけではないという。スクリーンショットやトレーラーからは、非常にリラックスした雰囲気が漂っており、のんびりプレイできるのではないかという期待が持てる。

『Summer in Mara』は気候変化と昼と夜のサイクルがあるなど、天候や時間帯によって、美しい島の景色が変化していくのも魅力としてあげられるだろう。クラフトしたアイテムを売ることもできることから、なにかしらグレードアップしたり、島を発展させることもできるのかも知れない。主人公のKoaは、探索や冒険によって新たなスキルを入手できるという。そのため、アクションRPGのような楽しみ方もできると思われる。

農業だけでなく、木を切ったり、釣りをしたり、様々な楽しみ方が用意されていることから、これまでにクラフト系のゲームやサバイバルゲームをプレイしてきたゲーマーは楽しめるのではないだろうか。『Summer in Mara』はすでに、Steam、PS4、Nintendo Switch版のリリースをアナウンスしている。ここ一年程でNintendo Switchのインディーゲームの品ぞろえは非常に豊富になっているため、日本国内ユーザーがプレイする機会は増えたと思われる。『Summer in Mara』は2019年発売予定とアナウンスされており、続報が期待される。開発のChibigはこれまでに『Deiland』や『Tiny Planet』など、キュートなビジュアルとクラフトシステムを組み合わせたタイトルを発売してきた実績を持っている。特に、見た目にも美しい色遣いが印象的で、『Summer in Mara』にも活かされているように感じた。

Summer in Mara Summer in Mara

癒しも得られるようなドキドキする冒険に期待できる本作に興味があればストアページをチェックしてみてはいかがだろう。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら