Sophont 2999年を舞台にした、SFシューター作品に注目

 

Sophont サイエンスフィクションFPSがSteam発売に向けて開発中

『Sophont』は独立系開発タイトルとして、Sameer Hireziが開発中のFPSである。2999年太陽系を舞台にしており、プレイヤーは主人公のダニエル・ケルドリック(Daniel Keldrik)を操作することになる。ダニエルは生物レジームに参加した兵士であり、火星を守っていた父親の期待に応えたいと思っていた。ダニエルは生物学と人類の謎を追いながら、オメガ部隊の一員として行動することに。

『Sophont』は個人によって開発が行われているタイトルであることから、開発が進むにつれ大幅に進化していくものであるとされている。また、ストーリーについては哲学的な裏付けが行われているSF一人称シューターゲームであると、開発者のSameer Hireziは語っている。

世界観は『Halo』シリーズからの影響を感じるが、不思議な力を使用できることから、映画『スターウォーズ』シリーズにも共通する感覚がある。特徴は本作が「生物学」や「生物の謎」をテーマにしているということだ。そして、時代が2999年ということもあり、ユニークな武器の登場にも期待できる。

Sophont Sophont Sophont

『Sophont』はシングルプレイタイトルであり、フルコントローラーサポートにも対応していることが判明している。日本語への対応はアナウンスされていないが、個人開発者のゲームということもあり、日本国内で人気が出れば有志翻訳などの対応にも期待できる。当然、ローカライズを行っている会社によって日本語翻訳が行われることが理想だが、個人開発者ということもあり、なかなか簡単にいかないことも予想できる。

世界観については、上述した『Halo』シリーズのような作品もそうだが、なにかしらSFタイトルをプレイしたことのあるゲーマーにとっては、親しみやすい内容であると思われる。『Sophont』の発売予定日はアナウンスされていないが、続報に期待できる。興味があればストアページをチェックしてみてはいかがだろう。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら