HellSign 人間界の外で戦う最後の防衛線<ハンター>を描いた、アクションRPG

 

スポンサー広告

HellSign ハンターは最後の防衛線として、魔物から世界を守っている

『HellSign』はBallistic Interactiveが開発するアクションRPGである。プレイヤーは人間の世界の外でハンターとして、魔物と戦うことになる。本作の特徴は現代的な銃が登場することや、クオータービューにおいて展開する戦闘であると感じた。また、武器のほかにもツールが存在し、様々な戦い方が存在するのもユニークな点である。

『HellSign』はSteamにおいて配信予定のアクションRPGなのだが、パッケージのビジュアルもクールであり、ダークな世界設定と細かなアイテム設定などの緻密さも印象的で、静かに注目を浴びているタイトルと言えるだろう。例えば『Darkwood』のような、世界観が好きなゲーマーは楽しめるのではないだろうか。

HellSign HellSign HellSign

HellSign

ハンターとしての最大の武器は知識であると開発者が語るように、様々なオブジェクトにインタラクトし、情報やアイテムを集めることが強力なモンスターとも優位に戦えるのではないだろうか。モンスターには、幽霊、ヘルハウンド、巨大なクモ、悪魔など様々な種類が存在するようだ。

『HellSign』はシングルプレイタイトルであり、早期アクセスとしてSteamに2018年11月9日に登場予定である。 本稿を執筆しているのが、11月9日なのだが、ストアページではカウントダウンなどが行われず、今後発売時期についてのアナウンスが行われると思われる。興味があればストアページをチェックしてみてはいかがだろう。

記事のシェアはこちら

【国内正規品】 Steamコントローラ【価格と在庫を確認する】

ライター/Semapho Twitterはこちら