Eastward 大地之子 Chucklefishがパブリッシャーを務めるアドベンチャーRPG

 

リッチで温かみのあるピクセルアートで描かれるアドベンチャー

『Eastward』は台湾に拠点を置く、Pixpilが開発中のアドベンチャー&RPGである。パブリッシャーは『Stardew Valley』の開発で知られる、Chucklefishということもあり、発売前から多くの注目を浴びている。トレーラーからは様々な名作の影響を感じることができる。今回、Steamにストアページも登場し、いよいよ続報が待ち遠しいという状況になった。

『Eastward』は90年代の日本の名作の影響を受けているという。アドベンチャーとRPGを組み合わせており、プレイヤーは労働者のジョンとして、危険な都市を息抜き、奇妙なモンスターたちと戦うという。そして、謎の少女・サムを導いていく。2人は崩れ行く世界を冒険し、大いなるの謎を解き明かす壮大な旅に出かける。

Eastward

ガンダムのようなオブジェクトが気になる室内の様子

Eastward

様々な木々の色合いにこだわりを感じる

Eastward

地下鉄の看板がノスタルジックなようで、独特のミスマッチ感が特徴的だ。

『Eastward』はシングルプレイタイトルであり、フルコントローラーサポートがアナウンスされている。ただし、現在のところ日本語対応について明記されていない。本作はSteamで発売予定であり、予定日は未定である。詳細については今後のアナウンスに期待したい。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら