Thief Simulator ロックピック を動画で紹介!泥棒シミュレーターの基礎

 

Thief Simulator 物音を立てずに忍び込め!ピックロックが活躍

『Thief Simulator』は2018年11月10日に発売された、シミュレーターゲームである。本稿は、前回の<基礎編>に続いて、本作のゲームプレイを紹介する記事である(基礎編はこちら)。ロックピック(ピッキング)を使用した、序盤のゲームプレイ映像を基に、ゲームシステムなどを紹介していく。

Thief Simulator

ピックロックは窓を割らずに侵入できるという特徴がある。

『Thief Simulator』はプレイヤーが泥棒となり、金目のモノを盗み、獲得した資金で新たなツールや自宅設備を整えていくという、泥棒シミュレーターである。盗んだものは、店で売ることができるため、高価なアイテムを狙っていきたい。盗みに入る家には、セキュリティによる難易度があることが予想でき、窓から侵入できない場合は他の方法を試す必要があるだろう。その一つがピッキングだ。ピッキングは、ロックピックを使用して行う、住宅への侵入方法だ。現実の生活では、まず味わえないドキドキが待っている。

動画提供: イーライさん

ピッキングの良い点は、物音を立てずに侵入できるということだ。基礎編で紹介した動画には、窓を割るシーンがあったが、近くを住民が通っていたら通報されてしまうだろう。そのため、ピックロックを入手することができれば、ぜひ挑戦してみたい。また、ピックロックにも、クオリティがあると思われ、より良いピックロックを入手するには、相応のスキルが必要になってくる。スキルの成長とツールの充実というリプレイ性の高さも本作の特徴だ。

『Thief Simulator』は、Steamで発売中であり、いくつかの不具合の修正を行うパッチもリリースすることが既に明らかになっている。今後、新たなコンテンツの追加も期待されている。興味があれば、ストアページをチェックしてみてはいかがだろう。なお、日本語には対応していないため、注意が必要だ。

記事のシェアはこちら

レッド・デッド・リデンプション2【CEROレーティング「Z」】

ライター/Semapho Twitterはこちら