Volcan Defend the Tower たった一人の開発者が手掛けるSFオープンワールドシューター

 

Gantharの包囲網からタワーを死守せよ!3人称視点のSFオープンワールド

『Volcan Defend the Tower』はProcessor Studioが開発するSFテーマのオープンワールドゲームである。本作はたった一人の開発者によって制作されており、Processor Studioにとって最初の作品となる。特徴は三人称のシューターとオープンワールドをミックスしたゲームプレイにある。主人公のSollumは、数千年前に死のガスによって汚染され、人類が放棄した地球を取り戻すために「Vanguard」として、異形のモンスターと戦うことになる。

『Volcan Defend the Tower』は数百の敵が登場するという。30を超えるアビリティを使用し、戦闘を優位に進めたい。また、多くのアイテムが存在するため探索する楽しみもあるようだ。プレイヤーの目的はGantharという敵から、Volcan Towersを守る最後の希望として戦うというものである。襲い掛かる敵と戦うために、各地を探索し、その中で地球になにがあったのかという謎を解き明かすというストーリーになっているという。

Volcan Defend the Tower Volcan Defend the Tower Volcan Defend the Tower

チェックポイントやテレポートシステムも用意されており、ゲームプレイ上のストレスを無くすことにも取り組んでいる。『Volcan Defend the Tower』はSteamにおいて2018年11月に早期アクセス開始予定であるが、詳しいスケジュールについては未定だ。本作はシングルプレイタイトルであり、現在のところ日本語対応はアナウンスされていない。ストアページには様々なトレーラーが公開されているため、興味がチェックしてみてはいかがだろう。筆者の印象としては『Destiny』シリーズに共通する、シューターアクション要素が満載というものであった。また、オープンワールドということもあり、探索や冒険が好きなゲーマーは楽しめるかも知れない。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら