ARK: Survival Evolved エンフォーサー をクラフトせよ

 

ARK: Survival Evolved 頼もしい味方「Enforcer」を製作

オープンワールド恐竜サバイバル『ARK: Survival Evolved』の拡張マップとして、発売された「ARK Extinction」は、新たな機能やエングラムを追加し、サバイバーを待ち受けている。困難もあれば、非常に便利なコンテンツの追加もあり、各プラットフォームで賑わいを見せている(国内コンソール版の発売時期は延期されている)。本稿では、「ARK: Extinction」から追加された、クラフト可能なロボットの一つ「エンフォーサー」について動画を基に紹介していく。参考動画はゲーム実況主の佐野ケタロウさんのものを使用し、ご本人からのアドバイスも掲載している。また、キー入力などについてはPC版の仕様で紹介しているため、注意していただきたい。

ARK エンフォーサー

Enforcer<エンフォーサー>とは?

Enforcer(以下、エンフォーサー)は日本語に訳すと執行者であり、マップ上にも存在する好戦的な機械である。「ARK: Extinction」では、エンフォーサーをクラフトすることが可能で、頼もしい味方になるようだ。クラフト素材としてはポリマーを必要とするため、下の動画ではポリマーの代用品となる「Corrupted Nodule」を入手している。「Corrupted Nodule」は感染個体の恐竜を倒すことで入手できるようだ。

動画でも確認可能だが、感染した恐竜を狩るときは群れに注意し、無理をしないことが大事になる。肉食恐竜の感染個体には特に注意した方が良いだろう。また、動画3:00以降のシーンで紹介されているように、非常に暑いエリアもあるため、体力やスタミナの管理には細心の注意を払っていきたい。もし、同エリアで狩りをする場合は、涼めるような拠点や水を引くなどの対策をとるのも一つの手段だろう(ただし、PvPサーバーでは厳しい)。

「Corrupted Nodule」を含む、エンフォーサーのクラフト必要素材は以下の通りである。

・Element Dust×500
・ポリマー(今回はCorrupted Noduleを使用)×30
・原油×20
・水晶×50
・金属のインゴット×60

1 2