Movavi Video Editor 15 Plus ビデオ編集ソフトの最新版がSteamで発売

 

手軽に、本格的な動画編集を目指すならば

Movavi Video Editor 15 Plus

『Movavi Video Editor 15 Plus』は、Movaviが開発する動画編集ソフトの最新バージョンである。Steamにおいて2018年11月30日発売予定となっており、ゲーマー御用達のストアで販売されることから、ゲーム実況動画や、プレイ映像の制作にもおすすめされている。

私は、『Movavi Video Editor 14 Plus』のSteamエディションを所有しており、これまでに数本の動画を制作してきた。とは言っても、非常に短いゲーム紹介動画なのだが、使い心地は非常に良かった。例えば、イントロ部分の制作において、ポップなアニメーションを手軽に追加できる上に、豊富なテキスト演出が用意されている。どれも、ユニークでゲームジャンルに合わせて、アニメーションの種類を切り替えたり、テキストの装飾を変えたりすると良いだろう(記事の下部に制作した動画を紹介している)。

Movavi Video Editor 15 Plus

Movavi Video Editor 15 Plus

『Movavi Video Editor 15 Plus』は編集、エンコードした動画をそのままYou Tubeチャンネルにアップロードできる。確かに、You Tubeにアップする際にブラウザを開いて……というのは少々面倒だ。そういった、細かなサポート機能に加えて、本バージョンからは新たな機能も追加するという。興味があれば、ストアページをチェックしてみてはいかがだろう。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら