The Great Emu War 人間vsエミューという構図のアクションゲーム!フロリダ中央大学の学生が開発

 

The Great Emu War 人間とエミューの非対称PvPがSteamに登場

『The Great Emu War』はフロリダ中央大学(University of Central Florida)の学生が開発した、人間とエミューの非対称PvPゲームである。ローカルマルチプレイ、フルコントローラーサポート、画面分割/共有に対応しており、トレーラーではポップでユニークなゲームプレイが紹介されている(Steamから確認可能)。この「エミュー戦争」はオーストラリアで実際に勃発した、エミューの頭数削減計画をモデルにしていると思われ、本作では銃ではなく馬車のようなもので突撃する形になっている。

The Great Emu War

『The Great Emu War』はローカルマルチプレイのみに対応しており、プレイヤーは人間とエミュー側に分かれて操作する。両陣営それぞれ、最大2名で分かれるのだが、エミューの方が圧倒的に数が多い。この構図を以て、非対称PvPとしているようだ。馬車でエミューに突撃すると、エミューを倒すことができる。そうやって頭数を減らしていくのが人間側の目的で、エミュー側はそれらを制限時間内に避け、頭数を保つというのが目的のようだ。

一見、『マリオカート』などのレースゲーム画面に似ているが、ゲーム内容は対戦アクションだ。グラフィックもポップで、分かりやすい。

The Great Emu War

『The Great Emu War』は2018年12月発売予定とアナウンスされているが、詳細な日にちについては明らかになっていない。続報が期待されるところだ。興味があればストアページをチェックしてみてはいかがだろう。

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら