BASI The Love Audio Video 公開!そのサウンドと収録アルバムを紹介。

BASI The Love アルバム『LOVEBUM』のLPが発売へ。

BASIと唾奇の合作となる「愛のままに」のMVが公開され、7inchを入手していないリスナーにも、楽曲を聞く機会が提供されたのは記憶に新しい。そして、2018年12月12日、BASIのアルバム『LOVEBUM』のLP版が発売される。現在のヒップホップアーティストとしては珍しい事例なのだが、オリコンチャートにランクインするなど、完成度が高いアルバムだ。もちろん、筆者もチェックしているし、本稿で紹介する楽曲『The Love』は名曲と言ってよいだろう。

BASI The Love

BASIはヒップホップバンドのフロントマン、MCとして活躍する。ソロアーティストとしての活動も柔軟に行い、韻シストメンバーからも楽曲への信頼が厚いことはこれまでの言動からも判明している。『The Love』のオーディオビデオ公開後には、ベーシストのShyoudogから以下のようなツイートが発信された。


『The Love』のトラックはOMAKE CLUBのChop the Onionが手掛けている。BASIのラップとの相性は現在も抜群で、先述した『愛のままに』のトラックも彼によるものだ。余談だが、筆者はMC PEROもプッシュしているのだが、彼女もOMAKE CLUBから音源をリリースしている。チェックしてみて欲しい(MVはこちら)。

Chop the OnionがBASIに提供するトラックの特徴としては、ジャズライクなサウンドであるということが挙げられるだろう。サンプリングされたフレーズとベースによって、この楽曲の空気は作られていると感じた。さらに、ハイハットの刻み方も特徴的なので、耳を傾けていると面白い。BASIのサウンドレビューを行うと毎回言っている気がするが、BASIのラッパーとしての最大の武器は声にある。ドラムやベースとの相性が良い声質なのだ。『The Love』では、ベースがゆったりとした長いフレーズで展開していく。声がベースと重なりながら、キックとスネアの気持ち良いところでラップしていくのがBASIのラッパーとしての強さだ。

BASI The Love

この『The Love』を収録したBASIの5thアルバム『LOVEBUM』は2017年にリリースされている。そして、2018年12月12日には、そのLPバージョンがリリースされる。アルバムを通して、チルな空気を保ち、様々な愛について歌っており、針を落とすのが楽しみなリスナーも多いのではないだろうか。

BASI Rainy

BASIC MUSIC オフィシャルサイト

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら