chop the onion シールドマシン feat. LIBRO & BASI MVとサウンドを紹介

 

chop the onion シールドマシン サウンドを紹介、レビュー

chop the onion(OMAKE CLUB)の新譜、『CONDUCTOR』が2018年12月19日に発売される。その収録曲である『シールドマシン feat. LIBRO&BASI』のMVが先日、公開されたので、サウンドの紹介を行う。韻シストのフロントマン、MCのBASIはソロプロジェクトとしても5枚のアルバムをリリースしている。そして、先にリリースされた『愛のままに feat.唾奇』は多くの話題を呼んだが、こちらの楽曲のトラックはchop the onionが制作している。それだけではなく、BASIの5th ALBUM『LOVEBUM』の収録曲、『The Love』など、ジャズライクでクールな楽曲を手掛けるなど、注目トラックメーカーとしてプッシュしておきたい。

chop the onion シールドマシン

さて、『シールドマシン』を聞いていこう。

まずは、イントロからLIBROがとんでもなく気持ち良い。そもそも、自身の楽曲にLIBROとBASIの両名を迎えるなんて、すごい試みだ。LIBROはトラックメーカーとしても、MCとしても高い評価を受けているアーティストだ(彼こそがアーティストだとも言える)。自身の楽曲を構成する音の一つとして、自らのラップを取り入れるというアプローチから生まれる、哲学的なヒップホップが、このchop the onionのトラックにも染み渡っていて、満たされていく気がする。

トラックの印象としては、レゲエのような上物の入り方が印象的である。それが終始トラックをリードしているが、フックにおけるスクラッチなどクールに畳みかけているパートでやられるリスナーも多いのでは。曲全体を覆っている、どこか怪しげな雰囲気はベースによる影響も強いだろう。このベースラインは、やはりレゲエを思わせるフレーズであり、それが上物の醸し出すオリエンタルな雰囲気とマッチしているのだ。

BASIの楽曲で毎回毎回、このポイントを述べているのだが、BASIの声はラッパーとして特別なものを感じている。BASIの声はリズム隊との相性が良く、トラックのアクセントとなるビート(つまり、気持ちの良いところ)で、韻を踏んだり、抜いたりする。リズミカルなのだが、メロディをつけた歌心のあるラップが人気の要因だろう。『シールドマシン』でも、ビートに沿いつつも、伸びのある上物に合わせるようなフロウや、早口でいったり自由にラップをしている印象を受ける。

chop the onion シールドマシン

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら