MU-TON Dreamin’ Prod. by LIBRO ミュージックビデオが公開!サウンド分析と紹介。

MU-TON Dreamin'

MU-TON Dreamin’ Prod. by LIBRO ミュージックビデオが公開!

MU-TON Dreamin’ サウンド分析と音源紹介。

福島県のラッパーMU-TONが2018年12月5日にリリースした1stアルバム『RIPCREAM』に収録されている楽曲、『Dreamin’』のミュージックビデオが公開された。本稿はそのミュージックビデオを参考にしながら、サウンド分析を行い、音源の紹介を行っていく。

アルバム『RIPCREAM』これまでのキャリアの集大成と思われ、様々なサウンドが詰まっている印象が強かった。初めてMU-TONの楽曲を知ったのは一年ほど前だったのだが、その時の印象はグランジヒップホップサウンドというものだった。これは、あくまで筆者の造語(恐らく、ヒップホップ的な辞書には載っていない言葉)だ。つまり、グランジロックのように、Noisyで攻撃的なスタイルをMU-TONのラップから感じ取ることができ、『RIPCREAM』に収録されている『Spin Me Around』などからもそういったスタイルを感じる。ただし、それだけで片付けるには勿体ないほどに、『RIPCREAM』には様々なサウンドが詰まっている。その一つが本稿で紹介する、『Dreamin’』である。

MU-TON Dreamin'
同アルバムから『Spin Me Around』のMVも公開されている。

『Dreamin’』はMCとしても高い評価を受けるビートメイカーのLIBROがトラックを制作している。全体を通してメロウな印象なのだが、太くて厚いKICKと芯の詰まったスネアの音が特徴だ。ハイハットについては時折、ハーフ(あるいはオープン)で鳴っているのだが、例えば8ビートのように一定のリズムを刻んでいるわけではない。裏に入れ気味なのだが、左にPANが振られたパーカッシブな金属音などが、スネアとマッチしてトラック全体にタイトなリズム感を生み出している。

上物については、エレクトリックピアノかなにかの鍵盤のサウンドに、リバーブの効いたフルートのような音が合わさって、ジャジーな印象。ベースはウッドベースかなにかのライブラリサウンドと思われ、丸みのある音になっている。フィルターが効いているのか、コンプレッサーの影響か、モコモコとした抽象的なベースサウンドがチルなトラックの中に怪しげな空気を流している。

MU-TON Dreamin'

上述したように、MU-TONは2018年12月5日にアルバム『RIPCREAM』をSPACE SHOWER MUSICからリリースしている。攻撃的なサウンドだけでなく、『Dreamin’』や『Cicada』など、チルな楽曲も収録されている。興味があればストアページをチェックしてみてはいかがだろう。

MU-TON Dreamin'

SPACE SHOWER MUSIC オフィシャルサイト

記事のシェアはこちら

ライター/Semapho Twitterはこちら